コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広東料理 カントンりょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広東料理
カントンりょうり

中国では粤菜 Yue-caiという。広東省を中心に発達した中国を代表する料理。北京料理に比べて,魚やえびを使った料理が多く,味は比較的淡泊。「食は広州から」といわれるように珍味もあり,へびや犬,さる,ねずみなどを食用に調理することでも広く知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カントン‐りょうり〔‐レウリ〕【東料理】

広東地方風の料理。味は淡泊で、北京料理とともに代表的な中国料理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

広東料理【カントンりょうり】

広州を中心とする中国南部の料理。北京料理を北菜というのに対し南菜という。果実,海産物が豊富で,特に鱶(ふか)の鰭燕の巣,干しナマコなどが知られる。乳離れした子豚を丸焼きにしたカオルーヅーが最高とされるが,チャーシューチャプスイフーヨーハイなど親しめる料理も多い。
→関連項目中国料理

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

カントンりょうり【広東料理】

中国料理の4大系統の一つで南部の広州・潮州・福建などの料理。中でも広州は、豊富な産物に恵まれ、また北京からきた宮廷料理人が伝えた調理技術も発達し、「食は広州にあり」といわれるほど発展した。比較的薄味とされる。幅広く多くの食材を用い、犬・蛇などの料理もある。片皮乳猪(ピエンピールーチュー)(子豚の丸焼き)・叉焼(チャーシュー)・古老肉(クゥラオロー)(酢豚)などが知られる。また飲茶(ヤムチャ)がさかんで、点心の種類も非常に多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カントンりょうり【広東料理】

中国料理の四大系統の一。広東周辺で作られてきた料理。薬味や調味料を多用し、北京料理に比べて味が淡泊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の広東料理の言及

【中国料理】より

…北は粉食と獣肉を多用,味は濃厚である。それで簡単明瞭に中国料理を,北京料理を代表とした〈北菜〉と広東料理を代表とする〈南菜〉の2系統に分ける人がいる。また黄河,長江,珠江の三大河の流域をそれぞれ一つの系統とみなした分け方もある。…

※「広東料理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広東料理の関連キーワードフーヨーハイ(芙蓉蟹)チャプスイ(炒什砕)チャーシュー(叉焼)エックスオーじゃんオイスターソース薬膳料理周富徳金萬福XO醤鱶の鰭調味料薬味叉焼飲茶

広東料理の関連情報