コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野古墳 ばくやこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野古墳
ばくやこふん

奈良県北葛城郡広陵町三吉,馬見丘陵のほぼ中央に位置する大型円墳。正確に南面する巨石横穴式石室が開口し,全長 17.1m,奥壁幅 3.3mに及ぶ大和でも最大級の規模を有する。玄室奥壁に沿って横向きに家形石棺が置かれ,その手前にもう1基石棺の痕跡を残す。石棺はいずれも盗掘で破壊されていたが,石室内埋積土下には各種馬具,銀装太刀残欠,鉄製武器類,玉類,多量の須恵器など多くの遺物が残っていた。遺物には魔よけを意図したと思われる 200本の鉄鏃 (てつぞく) ,曲げられた刀,モモ核など,『古事記』の黄泉国神話をほうふつとさせるものも含まれており,当時の葬送儀礼の実態をうかがわせて興味深い。多数の須恵器は6世紀末ころの一括資料として,編年研究の重要な資料となっている。『延喜式』の記載より,押坂彦人大兄皇子 (敏達天皇皇子で舒明天皇の父,587?年没) の「成相墓」とする説が有力。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

ばくやこふん【牧野古墳】


奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡広陵町馬見北にある大円墳。馬見丘陵の稜線上から南に延びた支尾根の端に所在。1957年(昭和32)に国の史跡に指定されたこの古墳の直径は55mで、高さは13m。3段に築造され、3段目の土のなかに巨石を使った石室が築かれており、1983年(昭和58)に実施された調査で、巨石を使用した全長17.2mの両袖式横穴石室の全貌が判明した。馬見丘陵地帯は粘土の山で、石材をまったく産出しないところだが、最大の石は60トン近く、奈良県では石舞台古墳の天井石についで2番目の大きさである。大型石室の内部には奥壁に添って横向きに刳()り抜き式の家形石棺が安置され、その手前には組み合わせ式の家形石棺が置かれていた。石棺は盗掘によってほとんど破壊されていたが、副葬品は多く残されており、総数で2万点にも及んだ。装身具類は金環と各種の玉(金銅製梔子(くちなし)玉・ガラス小玉・粟玉)が、馬具は本心鉄地金銅張の壺鐙(つぼあぶみ)や、縁金具のある障泥(あおり)、心葉形の鏡板と杏葉(ぎょうよう)が2組分出土した。武器は、銀装の大刀と400本近い鉄鏃(てつぞく)があり、羨道(せんどう)に集中していた容器類のなかには木心の金銅貼り容器と総数58点の須恵器(すえき)があったことから、その形式などから6世紀後半から末にかけて築造された墓であることが明らかになった。近畿日本鉄道大阪線五位堂駅から奈良交通バス「馬見北九丁目」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

世界大百科事典内の牧野古墳の言及

【広陵[町]】より

…西部の馬見丘陵では住宅・都市整備公団の真美ヶ丘団地の建設が進み,人口も増加している。古墳時代中期の大規模な前方後円墳巣山古墳(特史),後期の牧野(ばくや)古墳(史)など古墳が多く,百済寺の鎌倉時代の三重塔は重要文化財に指定されている。【松原 宏】。…

【藤ノ木古墳】より

…墳丘は径48mで,6世紀の円墳としては大きい。ただし,奈良県内でも径65mの天理市塚穴山(つかあなやま)古墳をはじめ,同規模の広陵町牧野(ぼくや)古墳や大和郡山市割塚(わりづか)古墳などがある。さらに,奈良県内には6世紀の前方後円墳が15基あり,うち11基が全長50m以上である。…

※「牧野古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧野古墳の関連キーワード奈良県北葛城郡広陵町三吉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android