コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床本 ゆかほん

5件 の用語解説(床本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

床本
ゆかほん

日本音楽・演劇用語。おもに義太夫節などで,語り手の太夫が公演の際に見台 (けんだい) の上に置いて使用する詞章本。義太夫節の場合,横約 21cm,縦約 27cmぐらいの大型本で,1行9字前後で5行が標準。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆか‐ほん【床本】

《「ゆかぼん」とも》義太夫節太夫(たゆう)2で語るときに使う、舞台用の比較的大形の義太夫本

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

床本

太夫が床の見台に乗せて用いる浄瑠璃の本。極く大文字で書かれており、太夫が語りやすいように符などを書き入れる。太夫は本を押し頂いてから語り始める。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆかほん【床本】

一般に邦楽各流で舞台で演奏するときに見台(けんだい)に乗せて用いる歌詞を書いた本をいうが,狭義には義太夫節のものを指す。義太夫節のは縦30cm,横20cmぐらいの大版で,一人の受持ち分ごとに1冊になっており,独特の大きな文字で5行に書かれ朱墨で譜が書き込まれている。原則的に手書きで,古くは太夫の受持ちの役場が決まるとみずから書いたが,近年になって専門の書家に書かせるようになった。また師匠から弟子に譲る場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆかほん【床本】

義太夫節の太夫が床(高座)で語るのに用いる義太夫本。特殊な書体で書かれた大字の書き本で、太夫の語る節が朱で書き入れられている。 → 義太夫本

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の床本の言及

【義太夫節】より


[テキストと記譜法]
 ひとつの浄瑠璃作品全段(全巻)を丸ごと収載した板本を丸本(院本)といい,これによって原作・原曲の様子を知ることができる。上演に際して,太夫が見台に置いて見ながら語るために書いた本を床本(ゆかほん)といい,一段だけを抜き出して記している。また,掛合で語るときに,自分の役割の個所のみ書き出した抜書き本もある。…

※「床本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

床本の関連キーワード義甲居囃子大御葬の歌上演素囃子囃子事囃子座番囃子舞台劇舞台度胸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

床本の関連情報