座間(市)(読み)ざま

日本大百科全書(ニッポニカ)「座間(市)」の解説

座間(市)
ざま

神奈川県の中央部にある市。1971年(昭和46)市制施行。相模原(さがみはら)台地西部から相模川岸にかけて広がる。JR相模線、小田急電鉄小田原線、国道246号が通じる。相模原台地上や段丘崖(がい)、東の侵食谷壁などには縄文遺跡や古墳(高塚と横穴)があり、相模川低地には条里型水田もみられる。南方の海老名(えびな)は相模国府の地であり、古くから開けていた。中心市街地の座間宿(入谷(いりや))は、古代の座間郷(ごう)の本郷の地で、戦国時代から江戸時代前期にかけては、当麻(たいま)(相模原市)、荻野(おぎの)・妻田(つまだ)(厚木(あつぎ)市)などとともに相模中部地域の物資流通の中心地で、いまも市街地の屋敷割にその名残(なごり)がみられる。昭和初期に相模線、小田急線が開通して、東海道本線筋や横浜・東京と短絡されることとなった。1937年(昭和12)の陸軍士官学校をはじめ、旧日本軍の施設がいくつもつくられて軍都化したが、それらの多くは第二次世界大戦後、座間キャンプをはじめ米軍施設(在日米陸軍司令部など)に転じている。ここはまた住宅と大工場(自動車、機械、電気器具)の進出が多く、2000年(平成12)頃までは首都圏で人口増加の最高率地域の一つとなった。星谷寺(しょうこくじ)の梵鐘(ぼんしょう)は国指定重要文化財。面積17.57平方キロメートル、人口12万8737(2015)。

[浅香幸雄]

『『座間の語り伝え 1~11』(1979~1984・座間市)』『『座間むかしむかし 1~25』(1957~2003・座間市)』『『座間市史』全6巻7冊(1991~ ・座間市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android