コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座間[市] ざま

百科事典マイペディアの解説

座間[市]【ざま】

神奈川県中部,相模原の中央部を占める市。1971年市制。中心市街は八王子から平塚への街道沿いの宿場町市場町として発達。大正末から昭和初期にかけて開通した相模線,小田急電鉄線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざま【座間[市]】

神奈川県の中央部,相模川の東岸にある市。相模原台地の末端部に続く座間丘陵と,相模川のはんらん原に位置する。1971年市制。人口11万8159(1995)。古くは八王子から厚木,平塚へと通じる街道沿いの宿場町で,5・10の六斎市が立つ市場町でもあった。大正末から昭和初期にかけて相模鉄道,国鉄(現JR)相模線,小田急線が相次いで開通して東京,横浜と結ばれた。その後東京市ヶ谷から陸軍士官学校が移転して,相模原台地の軍用地化の先がけとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android