コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)付ける ウチツケル

デジタル大辞泉の解説

うち‐つ・ける【打(ち)付ける】

[動カ下一][文]うちつ・く[カ下二]
釘(くぎ)などで打って、取り付ける。「雨戸に板を―・ける」
強く打つ。ぶっつける。「鴨居(かもい)に頭を―・ける」
火打ち石を打って火をつける。
「母は錠をあけてはいり、火を―・ける」〈人・閑情末摘花・一〉
露骨に事を行う。遠慮なくする。
「いやながらかなへてもやるべしと、―・けたる文章」〈浮・五人女・三〉
うってつけである。格好である。
「―・けたよい敵(かたき)、不足はあるまい」〈浄・加増曽我〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

打(ち)付けるの関連キーワード火打ち石棟札

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android