乱打(読み)ランダ

デジタル大辞泉の解説

らん‐だ【乱打】

[名](スル)
激しく続けざまにたたくこと。「半鐘を乱打する」
野球で、次から次へと安打を放って相手の投手を打ち込むこと。「コントロールが甘くて乱打される」
テニスバレーボールなどで、練習のためにボールち合うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんだ【乱打】

( 名 ) スル
はげしく打ち続けること。 「半鐘を-する」
野球で、相手投手を次々と打ち込むこと。 「 -戦」
テニスや卓球などで、練習のためにボールを打ち合うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らん‐うち【乱打】

〘名〙
① むやみやたらに打つこと。不規則にたたくこと。らんだ。
剣道で、二人が向かい合って互いに打ちこみの練習をすること。

らん‐だ【乱打】

〘名〙
① むやみに打ちたたくこと。めったうちすること。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「杖を以て痛く其の面を乱打せり」 〔林寛‐長安即事詩〕
② 野球で、何人もの打者が次々と相手の投手の球を打ち込むこと。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉十三対七、早稲田快勝「忽ち七回に早稲田の乱打(ランダ)を蒙って」
③ テニスやバレーボールなどで、練習のためにボールを打ち合うこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱打の関連情報