コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当番弁護士制度 とうばんべんごしせいど

4件 の用語解説(当番弁護士制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当番弁護士制度
とうばんべんごしせいど

刑事事件で逮捕された被疑者やその家族の要求に応じ,常時待機中の弁護士がただちに被疑者のいる警察署や拘置所に接見に出向き,無料で法律相談に応じる制度。事件の早期における弁護人の防御活動が誤判ないし冤罪事件の防止のために重要であるにもかかわらず,被疑者には国選弁護人の請求権はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

当番弁護士制度【とうばんべんごしせいど】

被疑者や家族からの求めにより,各地の弁護士会が即日無料で弁護士を派遣する制度。全国の弁護士会で実施されている。初回の相談費用は弁護士会が負担し,その後の費用についても被疑者が無資力の場合は財団法人法律扶助協会からの援助を受けることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうばんべんごしせいど【当番弁護士制度】

逮捕された容疑者や家族等の要請を受けて、弁護士が警察署や拘置所に駆けつけ、起訴前から弁護活動を行う制度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当番弁護士制度
とうばんべんごしせいど

逮捕された容疑者や家族らの要請をうけ、電話1本で弁護士が警察署や拘置所にかけつけ、起訴前から弁護活動にあたる制度。最初の面会相談は無料で、依頼があればそのまま私選弁護人となる。1990年(平成2)9月に大分弁護士会が初めて導入、1992年10月に全国52のすべての弁護士会に広まった。日本弁護士連合会によると、捜査当局や裁判所などからも連絡が入る体制がつくられつつある。しかし、利用者の増加で財政的に弁護士会側が苦しく、また、弁護士が少ない地域では辺地の警察署にかけつけることがむずかしいという状況がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当番弁護士制度の関連キーワード刑事事件民事事件被疑者国選弁護制度代用刑事施設弁護人依頼権特別手配焼酎・現金供与事件での逮捕当番弁護士紀元会集団暴行事件中野いと

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当番弁護士制度の関連情報