コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞一多 ぶんいった Wen Yi-duo

7件 の用語解説(聞一多の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聞一多
ぶんいった
Wen Yi-duo

[生]光緒25(1899)
[没]1946.7.15.
中国の学者,文学者。湖北省き水県の人。本名,家か (かか) 。北京の清華大学卒業後,アメリカに渡りコロラド大学に留学。帰国後,胡適徐志摩らと雑誌『新月』を創刊,詩集『紅燭』 (1923) ,『死水』 (28) を出版。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐いった【聞一多】

[1899~1946]中国の詩人・学者。湖北省浠県の人。本名は聞亦多(えきた)、のち聞多。口語による詩の創作を始め、詩集「死水」は中国近代詩の代表。のち中国古典文学の研究に専念し、唐詩詩経で斬新な解釈を示した。民主運動に活躍したために国民党の特務に暗殺された。ウエン=イートゥオ。

ウエン‐イートゥオ【聞一多】

ぶんいった(聞一多)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

聞一多【ぶんいった】

中国の詩人,文献学者。湖北省出身。1922年―1925年米国留学。1928年胡適らと雑誌《新月》を発行。欧化詩の創作と西洋文学の紹介につとめ詩集《紅燭》《死水》を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんいった【聞一多 Wén Yī duō】

1899‐1946
中国,現代の詩人,中国古典学者。原名家驊。のち一多と改名。湖北省浠水県の人。北京の清華学校を経てアメリカのシカゴ美術学院,コロラド大学で美術,文学,演劇を学ぶ。清華在学中から旧詩を発表,やがて新詩に転じ,アメリカ滞在中に19世紀ロマン主義詩人の影響を受けた。23年詩集《紅燭》を発表。25年帰国。徐志摩(1896‐1931)らと《詩》《新月》《詩刊》などを編集。28年の詩集《死水》は詩壇文壇に大きな反響をよんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんいった【聞一多】

1899~1946) 中国の詩人・文学者。湖北省出身。アメリカ留学ののち、「死水」などの象徴詩集を発表。抗日戦争中は古代文学や神話の民俗学的研究に専念した。戦後は民主運動に活躍したため国民党に暗殺された。ウェン=イートゥオ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聞一多
ぶんいった / ウェンイートゥオ
(1899―1946)

中国の詩人、学者。本名は亦多(えきた)また家(かか)、のち多と改名。一多は筆名。湖北省(きすい)県の人。北京(ペキン)清華学校(後の清華大学)在学中に五・四運動に遭遇して新文化に目覚め、新詩の創作を始めた。1922年に卒業後、絵画を学ぶためにアメリカに留学したが、西洋の近代文学、とくに英詩に強い関心を示し、また民族的自覚を喚起されて、文学への進路を定めた。1925年に帰国後、徐志摩(じょしま)らと雑誌『新月(しんげつ)』に拠(よ)り、詩や詩論を発表、格律詩を提唱した。しかし、武漢大学、青島(チンタオ)大学などを経て、1932年母校の清華大学中国文学科教授に就任後は、もっぱら唐詩や『詩経』『楚辞(そじ)』などの古典研究に没頭し、優れた業績をあげた。その学風は、実証的な考証学の伝統を基礎に、新しい文学研究や民俗学、神話学などの方法を取り入れ、古典研究に新局面を開いた。日中戦争中、雲南省昆明(こんめい)の西南聯合(れんごう)大学に移り、学問研究のかたわら民主運動に活躍したが、国民党の特務に暗殺された。詩集に『紅燭(こうしょく)』(1923)、『死水(しすい)』(1928)があり、古典研究に『易林瓊枝(えきりんけいし)』(1939)、『楽府詩箋(がふしせん)』(1940)、『楚辞校補』(1941)、『詩経新義』(1945)などがある。『聞一多全集』4冊(1948)に主要な著述を収める。[佐藤 保]
『目加田誠著『聞一多評伝』(『洛神の賦』所収・1966・武蔵野書院/講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の聞一多の言及

【清華大学】より

…52年の〈全国工学院調整方案〉の公布により,従来の総合大学から工学系の総合大学に改組され今日に至っている。文学者聞一多は,日中戦争期に清華大学で教鞭をとり,中国の古典文学を講じた。《清華学報》(1924創刊)は,解放前の中国にあって,《燕京学報》とならび,人文・社会科学の重要な業績をうみだした。…

【端午】より

… なお端午の起源・由来について明示する文献は,後漢以前にさかのぼるものはなく,古来さまざまな解釈がなされてきた。中国の神話学に独自な見解を示した聞一多は,端午に関する伝説・風俗の記載の多くが,竜舟競渡,粽など竜にかかわることの多いのに注目し,端午節を〈竜の節日〉とする見解を提出している。すなわち,端午ははるか古く竜をトーテム信仰する長江(揚子江)下流域の呉・越族の風俗として始まり,後漢以後,呉・越地域が開発されるにしたがい,中原文化との接触を通して長江上流域や北方の各地に広がっていったという。…

※「聞一多」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

聞一多の関連キーワードヒルト兪平伯杜詩馬叙倫一海知義宇野精一佐藤武敏興膳宏Adam,J.(西洋古典学者)アレタス(古典学者)