コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御帳 オチョウ

デジタル大辞泉の解説

お‐ちょう〔‐チヤウ〕【御帳】

江戸時代、犯罪者の罪状や所在などを記録した奉行所帳簿
江戸時代、勘当・除籍された者を記載した帳簿。町村の名主が保管した。

み‐ちょう〔‐チヤウ〕【御帳】

貴人を敬って、その御座所帳(とばり)または帳台をいう語。
「―の内に入り給ひて、胸をおさへて思ふに」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おちょう【御帳】

江戸時代、前科者の罪状や所在を記録した帳簿。
[句項目] 御帳に付く

みちょう【御帳】

貴人の御座所の帳とばりまたは帳台を敬っていう語。 「 -にかかれる薬玉も/徒然 138

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御帳の言及

【寝室】より

…アイヌの住居では炉端の席が決まっており,各人の後ろの空間が寝場所になっていたので,おそらくそのような使われ方をしたのであろう。平安時代には上層の公家は寝殿内に御帳(帳台)という寝台を置いた。畳2枚ほどの台の上に4本の柱を立て,天井を張り,四方に帳を垂らしたもので,台の上に畳を置き,茵(しとね)を重ね,衾(ふすま)を掛けて就寝した。…

※「御帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御帳の関連キーワード木瓜(もこう)懸け角・懸角御帳に付く賢聖障子璽の御筥鈴木表朔朱雀天皇藤原豊子御帳付き江戸時代塵がまし犯罪者前科者作物所為出づ白川家筋違ふ茱萸袋紫宸殿馴れ顔

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御帳の関連情報