御池(読み)みいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御池
みいけ

宮崎県南西部,霧島火山群高千穂峰(1574m)の東麓高原町都城市の境にある火口湖。面積 0.72km2,周囲約 4km,直径約 1km,最大水深 93.5m。湖面標高 305m。多数の霧島火口湖のなかで最大。火口壁は比較的低く,常緑広葉樹の林に囲まれ,紺碧の湖面に高千穂峰を映す。東岸の皇子港から遊覧船が出ており貸しボートなどもある。夏季にはレクリエーション地として特ににぎわう。霧島錦江湾国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

御池

宮崎県都城市と西諸県郡高原町の境目、霧島火山群の高千穂峰東麓の標高約305メートルに位置する火山湖。面積約0.72平方キロメートルで、同火山群の噴火により形成された湖の中では最大。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕御池(みいけ)


宮崎県南部、高千穂峰(たかちほのみね)東麓(とうろく)にあり、面積0.72km2は霧島(きりしま)山中最大の火口湖。都城(みやこじょう)市と高原(たかはる)町の境に位置する。直径約1km。湖面標高305m。西方に小池(こいけ)がある。常緑広葉樹林に囲まれ、野鳥の森やキャンプ村などがある。霧島屋久(やく)国立公園に属する。湖畔近くを国道223号が通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御池
みいけ

宮崎県南西部、都城市(みやこのじょうし)と高原町(たかはるちょう)の境界にある霧島山(きりしまやま)中最大の火口湖。高千穂峰東麓(たかちほのみねとうろく)に位置し、直径約970メートル、最大水深93.5メートルの円形で、湖面標高は300メートル。マールとよばれる爆裂火口で、周囲は約50メートルの崖(がけ)に囲まれ排水口はない。西部に堰止(せきとめ)湖小池(こいけ)がある。付近は照葉樹天然林が茂り、野鳥の森として保護されている。国道223号に面し、キャンプ場、遊歩道、ボート場などがある。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おいけ【御池】

[一] 京都市の市街地中央部を東西に走る通り。旧三条坊門通。押小路通と姉小路通の間にあり、中京区河原町通から右京区太秦安井の葛野中(かどのなか)通に至る。
[二] 京都の烏丸西、押小路南の一町にわたった二条殿の苑池。龍躍池。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御池の関連情報