御町(読み)おまち

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐まち【御町】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 江戸時代、町方(まちかた)に関する民政を行なった町年寄、町代(ちょうだい)などの町役人が使用した集会所。町会所(まちかいしょ)
※浮世草子・好色盛衰記(1688)三「むかしなじみのお町に行て、門の役人を望みしに、各(をのをの)たはけの沙汰して」

お‐ちょう ‥チャウ【御町】

〘名〙
① 江戸の遊里、吉原の通称。
※俳諧・江戸十歌仙(1678)八「いつも初音の いつも初音の〈春澄〉 御町にて其御姿は御姿は〈芭蕉〉」
② 広く、公許の遊里。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「恋せしは右衛門といひし見世守り〈志計〉 お町におゐて皆きせるやき〈一朝〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐まち【御町】

江戸時代、町役人の集会所。町会所(まちかいしょ)。
おちょう(御町)」に同じ。

お‐ちょう〔‐チヤウ〕【御町】

江戸時代の公許遊郭。京都の島原、大坂の新町、江戸の吉原。おまち。
「―の辻に立ちながら」〈浮・一代男・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例