コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御薪 みかまぎ

3件 の用語解説(御薪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御薪
みかまぎ

律令制下,毎年1月 15日諸官諸司が宮内省に納めた薪。またその儀式をさす。7世紀の中頃,天武天皇のときに始った。令の規定で,在京の文武官人は位階に応じて一定数の薪を納める。平安時代には,畿内の国司も御薪を納めることが『延喜式』に規定され,さらに諸大寺にもこの風習が普及した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

み‐かまぎ【薪】

《「御竈木(みかまぎ)」の意》
律令時代、毎年正月15日に、百官が宮中に献上した薪。また、その献上の儀式。
神社や寺院に奉納したり、そこでたいたりする薪。
江戸時代、武家で正月15日に割った薪に墨で12本の線(閏年は13本)を書き、門の両側の柱に寄せ掛けて立てたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みかまぎ【御薪】

律令時代、毎年正月15日に、在京の官人が位階に応じて一定数量の薪たきぎを宮内省に進納する儀式。また、その薪。天皇に忠節を示すものとして中国の行事を移入したものといわれる。
江戸時代、武家で正月15日に門の両柱に飾った薪。割り薪に墨で一二本(閏年は一三本)の横線が引いてある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御薪の関連キーワード六調子起聯四蔵律・慄・率・立四部律鍵酵素律(仏教)律(詩歌)律(法制)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone