コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色沼 ごしきぬま

8件 の用語解説(五色沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五色沼
ごしきぬま

福島県北部,磐梯朝日国立公園磐梯高原に散在する小湖沼群の総称。檜原湖から小野川湖への流入水路である長瀬川の南の湖群をいう。 1888年7月,磐梯山の爆発により北麓一帯に溶岩流が大量に流下し,泥流の窪地に地下水が湛水し形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

五色沼
ごしきぬま

栃木県西端,白根山 (2578m) と前白根山 (2377m) との間にある堰止湖。水面標高 2174m。面積 0.087km2,最大深度 5m。南北に長い楕円形。花畑に囲まれる貧栄養型の高山湖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごしき‐ぬま【五色沼】

福島県中北部、磐梯山(ばんだいさん)北麓の磐梯高原にある小湖沼群。明治21年(1888)、磐梯山の爆発による泥流のくぼ地に地下水がたまってできたもの。毘沙門(びしゃもん)・赤・深泥(みどろ)・弁天・青・瑠璃(るり)・柳・弥六などの沼がある。泥流中から溶け出た鉱物の違いにより、青や緑など湖水が多彩な色を示すことからこの名がついた。3.7キロメートルの散策路がある。磐梯朝日国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

五色沼【ごしきぬま】

福島県北部,磐梯朝日国立公園中の磐梯高原に散在する200余の小湖沼群。毘沙門(びしゃもん)沼,弁天沼,瑠璃(るり)沼,青沼などが主。1888年の磐梯山爆発で流出した泥流のくぼみに湛水(たんすい)したもの。
→関連項目磐梯高原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごしきぬま【五色沼】

福島県中央北部,磐梯高原にある湖沼群。耶麻(やま)郡北塩原村に属する。1888年の磐梯山爆発によって流下した泥流のくぼ地に湛水したもので,檜原(ひばら)湖畔より東へ約3kmにわたって弥六沼,柳沼,青沼,瑠璃(るり)沼,弁天沼,竜沼,深泥(みどろ)沼,赤沼,毘沙門沼などの小湖沼が点在する。吾妻火山の火口湖や,日光白根山付近の堰止湖にも同名の沼があるので,とくに磐梯五色沼ともいう。湖水には火山噴出物の鉱物が溶け込み,緑色,白みを帯びた青色,やや赤みを帯びた青色など,多彩な水色を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごしきぬま【五色沼】

福島県中北部、磐梯山北麓にある湖沼群の総称。磐梯山の大爆発(1888年)により檜原ひばら三湖とともに形成された。光の屈折の具合により湖面が五色に変化するといわれる。
栃木県日光市西端、白根山の山中にある堰止め湖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕五色沼(ごしきぬま)


福島県北西部、磐梯(ばんだい)山北麓(ほくろ)の桧原(ひばら)湖と秋元(あきもと)湖の間に点在する小湖沼群の総称。1888年(明治21)、磐梯山大爆発時の溶岩泥流により形成された。最大の毘沙門(びしゃもん)沼ほか弁天(べんてん)沼・青(あお)沼・るり沼などが有名。五色沼自然探勝路が通じる。磐梯朝日(あさひ)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五色沼
ごしきぬま

福島県北部、磐梯山(ばんだいさん)北麓(ほくろく)に点在する湖沼群。1888年(明治21)7月、磐梯山大爆発で押し出された泥流堆積(たいせき)地のくぼ地に水がたまったもので、無数の小沼が約3キロメートルにわたって分布する。位置により次の三つに分けられる。西から柳沼(やなぎぬま)湖沼群(弥六(やろく)沼、柳沼など)、弁天湖沼群(弁天沼、るり沼、青沼など)、毘沙門(びしゃもん)沼湖沼群(深泥(みどろ)沼、赤沼、井戸沼など)で、水質の違いでそれぞれ特有の色を呈する。とくに、るり沼などは硫酸カルシウムの粒子を含むため白色を帯びた青色をみせ、また赤沼は鉄の酸化物が水生植物に付着するため、湖面が赤みを帯びている。
 なお、磐梯山北東方にある吾妻山(あづまやま)の一切経(いっさいきょう)山と家形(いえがた)山間にも五色沼がある。面積0.03平方キロメートル。火口湖で、濃い藍(あい)色の水面が天候によって五色に変化するといわれる。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五色沼の関連キーワード裏磐梯檜原湖磐梯高原ウニャンガ湖沼群猪苗代スキー場裏磐梯高原 いこいの森グリーンフィールド磐梯熱海[温泉]福島県耶麻郡猪苗代町磐根福島県耶麻郡磐梯町磐梯裏磐梯高原

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五色沼の関連情報