コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠次旅日記 ちゅうじたびにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠次旅日記
ちゅうじたびにっき

日本映画。 1927年日活作品。監督,脚本伊藤大輔。出演大河内伝次郎伏見直江,沢村春子,沢蘭子。「甲州殺陣編」「信州血笑編」「御用編」の3部作で,乱闘場面のフラッシュ,移動撮影などの手法を用いながら,追いつめられていく国定忠次の末路を描いた。時代劇映画の傑作といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうじたびにっき【忠次旅日記】

伊藤大輔監督による映画の題名。昭和2年(1927)公開。全3部。出演、大河内伝次郎、中村英雄、伏見直江ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうじたびにっき【忠次旅日記】

1927年製作の伊藤大輔原作・脚本・監督の時代劇映画で,〈第一部甲州殺陣篇〉〈第二部信州血笑篇〉〈第三部御用篇〉からなる三部作。伊藤大輔の証言によれば(加藤泰編《時代劇映画の詩と真実》),当時,日活の〈重役さん〉と呼ばれた大スター尾上松之助が,〈仁義に富んだ〉忠次を演じた任俠映画に対して,これは〈無頼漢〉の忠次映画であるとして当初,反対されたため,企画を実現するためにまず初めに〈第一部甲州殺陣篇〉と題する〈無意味な〉立回りを撮り,のちに三部作をまとめて,再編集をするとき切り捨ててしまったという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠次旅日記
ちゅうじたびにっき

日本映画。1927年(昭和2)作品。脚本・監督伊藤大輔(だいすけ)。三部からなるサイレントの時代劇で、それぞれ独立して公開された。第一部「甲州殺陣篇(へん)」、第二部「信州血笑篇」、第三部「忠次御用篇」。チャンバラ映画の伝統を破棄し、伊藤大輔創案の人間忠次(国定忠治)を斬新(ざんしん)な手法で描いたサイレント映画時代劇の金字塔ともいうべき傑作。第一篇は、甲州に逃げ込んだ忠次が、家長の死後旧家の財産を横領する悪人たちを退治して行方も知れず旅立ついきさつ、第二篇は、子連れの忠次が信州で落魄(らくはく)の苦悩を嘆く挿話、第三篇は、追われる身の忠次がやっと村に帰ったところを捕らえられる顛末(てんまつ)を描く。大河内伝次郎(おおこうちでんじろう)の忠次の熱演はもとより、伊藤大輔の流通自在の技術が見ものである。[飯島 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の忠次旅日記の言及

【時代劇映画】より

…そして尾上松之助の死後,河部五郎を後継スターとして時代劇を量産するうち,まもなく日活が時代劇における決定的な大変革をもたらした。すなわち,〈時代劇〉の呼称を生み出した伊藤大輔がみずからの脚本,監督のもと,《長恨》に続いて新スター・大河内伝次郎と組んだ《忠次旅日記》三部作(1927)の出現である。この作品は,あくまで時代劇ならではの手法を駆使して1人の無法者の流転と敗残の姿を描きつつ,現代的ともいえる人間の感情をなまなましく表現して,時代劇を超える時代劇として絶賛され,以後,日本映画史上の最高傑作の一つとみなされている。…

※「忠次旅日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忠次旅日記の関連キーワード忠次旅日記・信州血笑篇忠次旅日記・甲州殺陣篇忠次旅日記・御用篇大河内 伝次郎伊藤 大輔中村 吉次九条 和子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android