(読み)タイ

精選版 日本国語大辞典の解説

おこたり【怠】

〘名〙 (動詞「おこたる(怠)」の連用形の名詞化)
① すべき事をしないこと。なまけること。怠慢。手おち。油断。
書紀(720)仲哀九年二月(熱田本訓)「今、天の下、天皇の崩りたまうことを知らず。若し百姓(おほむたから)知らば、懈怠(ヲコタリ)有らむや」
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉三「日々おこたり無く学校に通はば」
② 自分の怠慢や宿命によっておこる過失、または罪。
※蜻蛉(974頃)上「昔よりのことをばいかがはせん、たへがたくとも、わが宿世(すくせ)のおこたりにこそあめれなど」
③ 自分の過失を謝ること。また、そのことば。謝罪。
※夜の寝覚(1045‐68頃)四「返々、百(もも)かへりおこたりを言ひつくいても」
④ 病気がよくなること。

おこたれ【怠】

〘名〙 「おこたり(怠)」の変化した語。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)四「ねぎかん主是をなげき。〈略〉みゆをささげて七ざの物いみ七日のおこたれとござある」

たい【怠】

〘名〙 おこたること。なまけること。また、職務上の過失・失態。
延喜式(927)一九「考問并引唱〈略〉若有乖失随即勘問。副及祐・史各為弁答。問各有其序。答亦有其詞。〈謂〈略〉其事主者称過。従者称怠之類〉」 〔六韜〕

たる・い【怠】

〘形口〙 ⇒だるい(怠)

だる・し【怠】

〘形ク〙 (「たるし」とも) ⇒だるい(怠)

なまけ【怠】

〘名〙 (動詞「なまける(怠)」の連用形の名詞化) なまけること。仕事に精を出さないこと。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「けふはお手習はお休かへ、イイエ、ハハアおなまけだね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怠の関連情報