コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性灰白髄炎(ポリオ) きゅうせいかいはくずいえんぽりおPoliomyelitis Anterior Acuta

家庭医学館の解説

きゅうせいかいはくずいえんぽりお【急性灰白髄炎(ポリオ) Poliomyelitis Anterior Acuta】

[どんな病気か]
 ポリオウイルスが感染して、脊髄(せきずい)の灰白質(かいはくしつ)という部分をおかすため、数日間かぜをひいたような症状が現われたのち、急に足や腕がまひして動かなくなる病気です。
 夏から秋にかけて、日本では幼児がかかりやすいのですが、1961年から予防接種が行なわれるようになって以来、発病数が激減し、現在ではまれな病気になりました。
 しかし、海外旅行から帰った人に、ポリオウイルスの保有者がときどき見つかるので、油断はできません。
[症状]
 潜伏期は1~2週間です。発病初期は、熱が出て頭や背中が痛み、汗が出て、だるく、嘔吐(おうと)や下痢(げり)をすることがあるなど、夏かぜに似た症状になります。
 このような症状が1~4日続いて熱が下がるころ、足や腕に力が入らなくなってまひしてきます。重症の場合は、胸の筋肉や横隔膜(おうかくまく)までまひし、ときには呼吸中枢(こきゅうちゅうすう)のある延髄(えんずい)までウイルスにおかされ、呼吸ができなくなって、死亡することもあります。
 しかし、こうなるのはごく少数で、たいていは、かぜのような症状だけで、まひはおこらずに治ります。
 さらに、なんの症状も現われず、本人も知らないうちに免疫ができて治ってしまう不顕性感染(ふけんせいかんせん)が95%を占めています。
[治療]
 感染症予防法で2類感染症に指定されています。
 病原ウイルスに効く薬はないので、寝て安静を保つことがたいせつです。背骨が痛ければ、温湿布(おんしっぷ)や鎮痛薬(ちんつうやく)を用い、呼吸困難が生じたら、レスピレーター(人工呼吸器)を用います。まひが生じたら、マッサージ、電気療法、運動療法などのリハビリテーションで回復をはかります。
[予防]
 おもな感染源は、糞便(ふんべん)中にいるウイルスですが、のどにいるウイルスも感染源になります。したがって、病人は入院して治療し、糞便、鼻やのどの分泌物(ぶんぴつぶつ)で汚染されたものは消毒します。
 予防にもっとも効果があるのは予防接種(予防接種とはの「予防接種の種類」)です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

急性灰白髄炎(ポリオ)の関連キーワード感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律おもな感染症と病原体感染症指定医療機関感染症予防医療法疾病管理センターソークワクチン伝染病予防法届出伝染病指定伝染病学校感染症学校伝染病小児麻痺トゥーレ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android