コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔膜下膿瘍 おうかくまくかのうよう subphrenic abscess

3件 の用語解説(横隔膜下膿瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横隔膜下膿瘍
おうかくまくかのうよう
subphrenic abscess

横隔膜下腔に起った限局性の蓄膿をいう。急性汎発性腹膜炎の遺残膿瘍である場合と,急性虫垂炎など隣接臓器の炎症が波及して生じる場合とがある。症状としては,悪寒を伴う高熱,白血球増加症食欲不振,季肋部から側胸部にかけての鈍痛,皮膚の浮腫,知覚異常などがみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

おうかくまくかのうよう【横隔膜下膿瘍 Subphrenic Abscess】

[どんな病気か]
 腹膜炎(ふくまくえん)(「腹膜炎とは」)の一種で、横隔膜の下(腹腔(ふくくう)の上部)に膿(うみ)がたまった状態を横隔膜下膿瘍といいます。
 横隔膜自体が悪くなったわけではありません。
 胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、胆嚢炎(たんのうえん)、虫垂炎(ちゅうすいえん)などが進んで穿孔(せんこう)(臓器の壁に孔(あな)があくこと)をおこすと、食物や膿などの内容物が腹腔にもれ出し、腹膜炎がおこります。この膿が、横隔膜の下にたまっておこります。急性におこって発見されることが多いのですが、慢性のものもあります。
[症状]
 激しい腹痛をともなうものが多いのですが、なかには痛みのほとんどないものもあります。高熱、悪寒(おかん)、戦慄(せんりつ)(震(ふる)えが止まらない)などがおこります。
[検査と診断]
 上腹部を押すと強い痛みがあり、おなかはかたくなります。立って撮影した胸部X線写真には、横隔膜下にガスの像が写ります。これはたいてい、孔のあいた腸管などの臓器からもれ出たガスですが、細菌が産生したガスであることもあります。
 血液検査では、白血球(はっけっきゅう)が増加し、血沈(けっちん)検査やCRP検査(炎症があると増えるC反応性たんぱくを調べる検査)などの炎症反応が高値となります。
 超音波検査やCT検査をすると、腹部の状態が詳しくわかります。
[治療]
 急性の腹膜炎によるものが多く、緊急に処置しなければなりません。手遅れになると死亡することもあります。
 原因などの状況を診断し、開腹手術を行ないます。胃や腸の壁にあいた孔を縫い合わせたり、胆嚢を摘出したり、虫垂を切除したりして、腹膜炎の原因を除去します。
 腹腔にたまっている膿を排出し、温水で腹腔を洗浄して清潔にしてから、抗生物質を散布します。
 手術後にくすぶる炎症による膿や出血した血液がたまらないように、チューブを腹腔に入れ、膿が体外に排出されるようにします。
 手術後は、ふつう抗生物質を点滴注射します。
[予防]
 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石(たんせき)などがある人は、早めに治療し、潰瘍によって臓器に孔があいたり、胆嚢炎がおこったりしないようにします。また、胆嚢炎や虫垂炎がある場合は、すみやかに治療を受けなければなりません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

おうかくまくかのうよう【横隔膜下膿瘍 subphrenic abscess】

横隔膜は胸腔と腹腔との境をつくる板状の筋肉で,上方にふくらんでいる。右の横隔膜の下には肝臓が,左の横隔膜の下には胃と脾臓がある。中央を大動脈,大静脈,食道が貫いている。横隔膜と肝臓の間に,あるいは胃や脾臓との間に限局的に膿が貯留したものが,横隔膜下膿瘍である。多くは化膿性腹膜炎の結果起こってくるもので,その原因疾患は急性虫垂炎,急性胆囊炎,胃・十二指腸潰瘍の穿孔(せんこう)性腹膜炎などである。症状は,ふつう弛張性(1日の日内変動が1度以上あるもの)の高熱で悪寒戦慄があり,上腹部や背部の疼痛が強く,白血球数は増加する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

横隔膜下膿瘍の関連キーワード癌性腹膜炎腹膜炎肋膜炎乾性肋膜炎湿性肋膜炎脈絡膜炎ウイルス性結膜炎横隔膜けいれん(しゃっくり)慢性腹膜炎腹膜炎 (peritonitis)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone