攻める(読み)セメル

デジタル大辞泉の解説

せ・める【攻める】

[動マ下一][文]せ・む[マ下二]《「責める」と同語源》
戦争・試合などで、こちらから進んで戦いをしかける。攻撃する。「城を―・める」「立ち合いから一気に―・める」
俗に、物事を無難にすませず、積極的な態度をとる。「―・めてるファッション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せめる【攻める】

( 動下一 ) [文] マ下二 せ・む
〔「迫む」と同源〕
敵側に攻撃を加える。また、敵の近くまで軍勢を進める。攻撃する。 「大砲で-・める」 「今-・めている側」 〔「迫せまる」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

攻めるの関連情報