コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攻める セメル

デジタル大辞泉の解説

せ・める【攻める】

[動マ下一][文]せ・む[マ下二]《「責める」と同語源》戦争・試合などで、こちらから進んで戦いをしかける。攻撃する。「城を―・める」「立ち合いから一気に―・める」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せめる【攻める】

( 動下一 ) [文] マ下二 せ・む
〔「迫む」と同源〕
敵側に攻撃を加える。また、敵の近くまで軍勢を進める。攻撃する。 「大砲で-・める」 「今-・めている側」 〔「迫せまる」に対する他動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

攻めるの関連キーワードGrecoRoman style攻め合う・攻合う指し切り・指切り巻き攻め・巻攻め攻め具・攻具攻め手・攻手勝ちに乗ずる挟攻・夾攻脇手・腋手攻付ける逆を取る喉輪攻め集中攻撃虚を衝く遠交近攻攻立てる一夜城指切り攻抜く攻合い

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

攻めるの関連情報