コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報管理 じょうほうかんり

4件 の用語解説(情報管理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報管理
じょうほうかんり

現代社会に氾濫している知識や情報のなかから精度の高いものを敏速に収集・処理して,さまざまな情報需要に適切にこたえるための管理機能をいう。今日,情報化社会といわれるなかで,人間の意思や行動の決定は,さまざまな媒体がもたらす知識や情報に基づいてなされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうほうかんり【情報管理】

情報を有効に利用するため、効率的・統合的に運用すること。
情報が漏洩ろうえいしないように管理すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情報管理
じょうほうかんり
information management

経営管理上の意思決定に必要な諸種の情報の収集・処理・伝達・保管・検索・廃棄を効果的に行うための体系的施策をいう。
 情報管理の目的は、情報技術information technology(IT)を有効に駆使しながら、必要な情報を即時的real timeに共有しつつ、意思決定の質を高めることにある。そのためには、コンピュータを用いたオンライン情報システムを構築し、大規模組織では情報責任者Chief Information Officer(CIO)を置いて、それを適切に稼働させなければならない。[森本三男]
『森川信男著『経営システムと経営情報――情報ネットワーク化時代の基本組織』(2006・学文社) ▽山下洋史著『情報管理の基礎』(2007・東京経済情報出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

情報管理

(1)ドキュメンテーションの日本における表現.(2)組織あるいは個人が入手した情報を,探しやすくするために整理する方法,技術,技法.(3)企業などで情報の漏洩を防ぐこと.(1)の用法は1960年代から1980年代まで見られたが,最近は,(2)や(3)の意味で使用されることが多い.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報管理の関連キーワードブランド広告知識社会学調停委員ドクサ医者雑学早見奴隷制栄養教育現代社会

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報管理の関連情報