コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惑う マドウ

デジタル大辞泉の解説

まど・う〔まどふ〕【惑う】

[動ワ五(ハ四)]《上代は「まとう」》
どうしたらよいか判断に苦しむ。
「さて何と言ったものやら、有繋(さすが)に―・ったのである」〈紅葉多情多恨
道や方向がわからなくなる。まよう。「知らない街角で―・う」
悪いことに心が奪われる。「誘惑に―・う」
うろたえる。あわてる。
「格子上げらるる音を聞きて、いかならむと驚き―・ひて」〈落窪・一〉
(動詞の連用形に付いて)ひどく…する。「思い―・う」「踏み―・う」
「いかに思ほし―・ふらむ」〈落窪・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まどう【惑う】

( 動五[四] )
〔上代は「まとふ」と清音〕
道や方向がわからなくてうろたえる。道に迷う。 「山で日が暮れて道に-・う」
どうしたらよいか決めかねて心が乱れる。思い迷う。 「四十にして-・わず」
心を奪われ、判断力を失う。 「女ニ-・ウテ道ニソムク/ヘボン」
進むべき道や方向がわからなくて途方に暮れる。 「 - ・ひぬる妹を求めむ山道知らずも/万葉集 208
あわてふためく。うろたえる。狼狽ろうばいする。 「我もかかる物飲まんずるかと思ふに、あさましく、-・ふと思ふ程に夢覚めぬ/宇治拾遺 9
(他の動詞の連用形に付いて)ひどく…する。 「風の吹き-・ひたるさま、恐ろしげなること/更級」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

惑うの関連キーワード広島市立安佐市民病院の建て替え問題逃げ迷う・逃迷う必響なおと杯中の蛇影思い倦ねる野々すみ花貪・瞋・痴吹き迷ふ思い迷う暮れる逃迷う張 元悶える恋の山当惑狂惑はて色香我先藤袴

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惑うの関連情報