コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷う/紕う マヨウ

1件 の用語解説(迷う/紕うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まよ・う〔まよふ〕【迷う/×紕う】

[動ワ五(ハ四)]7が原義で、のちに「まど(惑)う」と混同された》
まぎれて、進むべき道や方向がわからなくなる。「山中で道に―・う」
どうしたらよいか決断がつかない。「進学か就職かで―・う」「判断に―・う」
心が乱れてよくない方向へ行く。欲望・誘惑に負ける。「色香に―・う」
死者の霊が成仏できないでいる。「―・わず成仏して下さい」
区別がつかなくなる。まぎれる。
「霜を待つ籬(まがき)の菊の宵の闇に置き―・ふ色は山の端(は)の月」〈新古今・秋下〉
秩序なくあちこちへ行ったり来たりする。
「上の御局に参りちがふ気色どもしげく―・へば」〈・花宴〉
布の織糸が弱り、糸が乱れかたよる。
「御褥(しとね)の少し―・ひたるつまより」〈・若菜下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷う/紕うの関連キーワード諍う耀う為合う綯う眩う弄う耡うおとな・う鍛うもて扱う

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone