コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷う/紕う マヨウ

デジタル大辞泉の解説

まよ・う〔まよふ〕【迷う/×紕う】

[動ワ五(ハ四)]7が原義で、のちに「まど(惑)う」と混同された》
まぎれて、進むべき道や方向がわからなくなる。「山中で道に―・う」
どうしたらよいか決断がつかない。「進学か就職かで―・う」「判断に―・う」
心が乱れてよくない方向へ行く。欲望・誘惑に負ける。「色香に―・う」
死者の霊が成仏できないでいる。「―・わず成仏して下さい」
区別がつかなくなる。まぎれる。
「霜を待つ籬(まがき)の菊の宵の闇に置き―・ふ色は山の端(は)の月」〈新古今・秋下〉
秩序なくあちこちへ行ったり来たりする。
「上の御局に参りちがふ気色どもしげく―・へば」〈・花宴〉
布の織糸が弱り、糸が乱れかたよる。
「御褥(しとね)の少し―・ひたるつまより」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

迷う/紕うの関連キーワード道を以て欲を制すれば則ち楽しみて乱れず盗人を捕らえて見れば我が子なり見る所少なければ怪しむ所多し逃げ惑う・逃惑う踏み迷う・踏迷う何れ菖蒲か杜若ナビゲーション二の足を踏む前後に暮れる思案に暮れるクロスプレーとやあらん痴情・癡情とつおいつ闇に惑う惑ひ合ふ脂粉の香消え惑ふ時々迷々思い迷う

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android