コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛南町 あいなん

1件 の用語解説(愛南町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛南〔町〕
あいなん

愛媛県南西部に位置し,西は豊後水道,南は太平洋に面し,東は高知県宿毛市と接する町。四国山地の支脈である篠山から発した僧都川 (そうづがわ) 沿いに平野が開ける。海岸部はリアス海岸をなす由良半島西海半島豊後水道に突き出て,沖合いに鹿島,横島をはじめ大小の島々が浮かぶ。 1889年内海,御荘,城辺,緑僧都 (みどりそうづ) ,東外海,西外海,一本松の7村となり,その後町制施行,編入・合併を経て,2004年 10月内海村,および御荘町,城辺町,一本松町,西海町の1村4町が合併,愛南町となる。町役場の所在地は旧城辺町の甲 (こう) 。江戸時代までこの地は宇和島藩の御荘組に属し,代官所が置かれ開拓が進んだ。天然の良港に恵まれ,カツオ漁の拠点となっているほか,真珠,ハマチなどの養殖が盛ん。平野部では米や野菜,丘陵地では柑橘類が栽培される。観光資源も豊富で,沿岸部,海域および高知県境にある篠山付近は足摺宇和海国立公園に,篠山西麓の一本松地区は篠山県立自然公園それぞれ属する。 1972年に始まった「南予レクリエーション都市」の整備事業の一環として,御荘地区と城辺地区にはスポーツ施設,公園,展望塔などを兼ね備えた大規模な観光施設がある。沿岸部を国道 56号線が通り,御荘で西海半島に向かう西海道路が分離する。面積 238.99km2。人口 2万1902(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛南町の関連情報