コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣れ なれ habituation

翻訳|habituation

3件 の用語解説(慣れの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慣れ
なれ
habituation

同一の刺激を反復して与えた場合に,その刺激に対する反応が次第に減少したり,あるいは消失したりすること。むだな反応が次第になくなるという意味で,学習や消去と類似の現象であるともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なれ【慣れ/×馴れ】

慣れること。習熟。習慣。「―からくる油断」「場―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慣れ
なれ
habituation

生体に同じ刺激が繰り返し、持続して与えられるとき、刺激に対する反応が減少し、消失する過程をいう。環境に新たに刺激の変化があり、比較的短時間、この刺激の繰り返しは反応を強める。これは慣れに対して増感化(感作)sensitizationという。慣れも増感化も原始的な生体の反応で、中枢神経系の未発達な腔腸(こうちょう)動物などにも明らかに認められる。
 物音に耳を立てるイヌの方位反応は、これが繰り返されると消失する。しかし、間を置いてふたたび物音がすると反応は回復する。反応の消失過程そのものは消去extinctionと異ならないが、消去は条件刺激の除去により、慣れは刺激の反復による。慣れで消失した反応は刺激の間を置くだけでなく、新たに別の刺激を与えると回復することがあり、これを慣れの解除dishabituationという。疲労の場合には消失した反応は別の刺激を与えても回復しないし、暗順応・明順応などの経過も慣れとは異なる。[小川 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慣れの言及

【学習】より

…また,従来は動物の行動を本能と学習に二分する考え方が支配的であったが,近年の研究によって,純粋な学習とみられるものもしばしば何を,いつ,どこで学習するかといった面で遺伝的に決定されていることが明らかにされ,現在ではこのような二分法は有効性を失いつつある。
[慣れhabituation]
 もっとも単純な形の学習は慣れで,これは,とくに刺激の強化が加えられなくても無害な環境には反応を示さなくなるようなものである。キジなど地上営巣する鳥の雛は,孵化(ふか)後,最初は頭上をかすめるすべての影に対して警戒のうずくまり姿勢を示すが,やがて木の葉や無害な小鳥が横切った程度では警戒姿勢を示さなくなる。…

※「慣れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慣れの関連キーワード化学受容残光刺激療法受容器般化弁別閾刺激伝達感覚投射の法則プフリューゲルの刺激法則フルーランの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慣れの関連情報