コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲法制定権力 けんぽうせいていけんりょく pouvoir constituant; Die verfassungsgebende Gewalt

4件 の用語解説(憲法制定権力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

憲法制定権力
けんぽうせいていけんりょく
pouvoir constituant; Die verfassungsgebende Gewalt

憲法を創出する権力であって,憲法はもちろんいかなる実定法によっても拘束されることのない超法規的,実体的な根源的権力。既存の憲法を前提とし,それによって設けられるものとは区別される。しかし憲法制定の手続が実定法に拘束されるかどうかは,意見の分れるところである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

憲法制定権力【けんぽうせいていけんりょく】

憲法をつくる権力。憲法そのものを基礎づけ憲法の上に立つ現実的な政治勢力をいう。憲法に合法性を与えるもので,自らが合法的である必要はない。憲法によって合法性を与えられる立法・行政・司法権などと異なる。
→関連項目民定憲法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんぽうせいていけんりょく【憲法制定権力】

憲法をつくる権力pouvoir constituantを,憲法によってつくられた諸権限pouvoirs constituésと区別して呼ぶときの言葉。アメリカ革命期に,普通の立法権と区別された特別の憲法制定会議によって制定される憲法という観念が,立法府抑制の思想の一環として,マサチューセッツ憲法や合衆国憲法によって援用されたが,近代憲法思想史のなかで憲法制定権力の観念が次に述べるような独自の意味で登場するのはE.J.シエイエスの系譜につながる議論である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憲法制定権力
けんぽうせいていけんりょく

国家の憲法秩序を創造する権力pouvoir constituant(フランス語)をいう。憲法によって確定された権力pouvoir constitu(フランス語)としての憲法改正権と区別される。憲法制定権力を理論づけたのはシエイエスの『第三階級とは何か』(1789)である。それによれば、あらゆる合法性の源泉は国民=第三階級の意思であり、憲法制定権力はこの意思に基づくものである。シエイエスの理論は、非特権階級である第三階級をフランス革命に駆り立てるうえで大きな影響を与えた。もっとも、革命期のブルジョアジー(「1791年憲法」の制定者たち)は憲法制定権力を憲法改正権としてとらえることによって、前者を根拠とする革命のいっそうの進展を妨げようとした。他方、20世紀初頭のドイツでは、国家法人説および法実証主義の支配下にあって、立法権と区別された憲法制定権力に特別の注意は向けられていない。しかし、カール・シュミットは、政治体の全存在を確定する政治的意思=政治的決断として憲法制定権力を定義し、これを憲法改正権と区別することによってナチズムに理論的基礎を与えたといわれている。
 憲法制定権力は国家体制の根幹にかかわることから、それが無制約の権力であるのか、なんらかの法的制約を伴う権力であるのかについて議論がある。たとえば、フランスの憲法学者ビュルドーG. Burdeauは、憲法制定権力を始源的・自律的・無条件的権力であるとしながらも、それを法的な権力pouvoir de droitとして位置づけることによって、物理的な力としての憲法制定権力の行使に歯止めをかけようとしている。[畑 安次]
『芦部信喜著『憲法制定権力』(1983・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の憲法制定権力の言及

【憲法改正】より

…改正の方法は,憲法の基本原理と密接な関係をもっていることに注意する必要がある。たとえば,君主制原理にもとづく憲法(プロイセン憲法や明治憲法)のもとでは,普通の立法権者(君主と議会)が憲法改正権をも行使するという(1)型が概してとられるのに対して,国民主権の原理にもとづく憲法(アメリカ,フランス,日本国憲法など)のもとでは,憲法改正権は,国民の憲法制定権力の観念と多かれ少なかれ結びつくことにより普通の立法権とは異なったものと観念され,したがって,改正手続も国民の意思をいっそう反映する方法((2)ないし(3)型)がとられる傾向をもつことになる。このほか,憲法の安定性と永続性を確保する仕方の重点が近代では主として改正手続の加重性におかれていたのに対して,現代ではむしろ憲法改正限界論におかれるようになってきていることにも注意する必要があろう。…

※「憲法制定権力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

憲法制定権力の関連キーワード協約憲法民定憲法垣を作る旧憲法公権力鼈が時をつくる時をつくる鬨をつくる手をつくる黄金をつくる男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

憲法制定権力の関連情報