コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸造 がけづくり

4件 の用語解説(懸造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懸造
がけづくり

崖造ともいう。崖や池などの上に建物を長い柱と貫で固定し,床下を支える建築方法。清水の舞台で知られる清水寺本堂や室生寺金堂にみられる。社寺建築のほかに江戸時代の浜地や堤防上に建てられた町家などにも使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かけ‐づくり【懸(け)造(り)】

山や崖にもたせかけたり、谷や川の上に突き出したりして建てること。また、その建物。清水(きよみず)寺の舞台など。崖造(がけづく)り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かけづくり【懸造】

傾斜地や段状の敷地,あるいは池などへ張り出して建てることを〈懸け造る〉といい,その建物形式を懸造と称する。崖造(がけづくり)ともいう。敷地の低い側では床下の柱や束が下から高く立ち,これに鎌倉時代以降では貫を何段にも通して固めている。平安時代以降,山地に寺院が造られるようになってからのもので,観音霊場に多く,三仏寺投入堂(国宝,鳥取,12世紀)や清水寺本堂(国宝,京都,1633)などがよく知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懸造
かけづくり

山の崖(がけ)や河の岸に張り出してつくられた建造物。懸崖(けんがい)造、崖(がけ)造ともいう。京都市の清水寺(きよみずでら)本堂、鳥取県三朝(みささ)町の三仏寺投入堂(さんぶつじなげいれどう)など著名。清水寺は高い懸造の舞台がつとに知られている。この堂は観世音菩薩(ぼさつ)を本尊として祀(まつ)る。観世音菩薩は経典によれば南海の普陀洛(ふだらく)山中に住むという。したがって、観音堂(かんのんどう)は普陀洛山にあやかって、名山の中腹に建てられるために、床下を高めて懸造になる例が多い。三仏寺投入堂は蔵王権現(ざおうごんげん)を祀るために、やはり岩窟(がんくつ)の傾斜地に懸造で建てられている。懸造の建物は一般に、床下は貫(ぬき)を縦横に通して柱を緊結し、柱上に台輪(土台)を置いて、さらにその上に本体を建てている。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懸造の関連キーワード段丘学校ビオトープ洗い張り魚梯造成亜哥花園急傾斜地崩壊危険区域公法上の規制路地状敷地棚田・谷地田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

懸造の関連情報