コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我等の生涯の最良の年

デジタル大辞泉プラスの解説

我等の生涯の最良の年

1946年製作のアメリカ映画。原題《The Best Years of Our Lives》。監督:ウィリアム・ワイラー、出演:フレデリック・マーチ、マーナ・ロイ、テレサ・ライト、ダナ・アンドリュース、ハロルド・ラッセルほか。第19回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞(フレデリック・マーチ)、助演男優賞(ハロルド・ラッセル)、脚色賞、編集賞、劇・喜劇映画音楽賞受賞。第1回英国アカデミー賞作品賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

われらのしょうがいのさいりょうのとし【我等の生涯の最良の年 The Best Years of Our Lives】

1946年製作のアメリカ映画。第2次世界大戦中に空軍将校として,ドイツ爆撃に関する2本の長編記録映画《メンフィス・ベル》《サンダーボルト》を製作・監督したウィリアム・ワイラーの戦後第1作。1944年8月の《タイム》に載った帰還水兵たちの記事を読んで,〈復員〉をテーマにした映画の企画を思いたったサミュエル・ゴールドウィンの依頼をうけ,小説家マッキンリー・キャンターが書いた434ページの無韻詩《グローリー・フォー・ミー》(1945)を,ピュリッツァー賞受賞の劇作家で《若き日リンカーン》(1940),《レベッカ》(1940)などの脚本家でもあるロバート・E.シャーウッドが脚色した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

我等の生涯の最良の年
われらのしょうがいのさいりょうのとし
The Best Years of Our Lives

アメリカ映画。1946年作品。ウィリアム・ワイラー監督。戦争が一般市民の心にいかに深い傷跡を残すかを描いて世界中を感動させた名作。同じ地方都市に帰還した年齢も環境も異なる三人の復員兵士が、さまざまな困難を経て日常生活に復帰するまでが、深い共感をこめて描かれる。自身、ヨーロッパ戦線で戦闘を経験したワイラーは、一つの画面に複数の人物のそれぞれの人生を交錯させる重層的演出を多用、名カメラマン、グレッグ・トーランドGregg Toland(1904―1948)のパンフォーカス撮影(近景から遠景までを鮮明に映しだす撮影技法)と相まって、イタリアのネオレアリズモとはまた異なる、戦後映画のもう一つのリアリズム美学を打ちたてた。アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞など計8部門を受賞。独立プロデューサー、サミュエル・ゴールドウィンにとっても会心の一作となった。[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の我等の生涯の最良の年の言及

【シャーウッド】より

…第2次大戦中はF.D.ローズベルト大統領の演説の起草者ともなった。その後の劇作品には見るべきものはないが,ヒッチコック監督《レベッカ》(1940)やW.ワイラー監督の代表作となった《我等の生涯の最良の年》(1946)などの映画脚本で活躍し,後者ではアカデミー脚本賞を受賞した。【喜志 哲雄】。…

※「我等の生涯の最良の年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

我等の生涯の最良の年の関連キーワードロバート・E. シャーウッドマッキンレイ キャントー日本映画史(年表)メンフィス・ベルキャントー偽りの花園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android