コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒能通孝 かいのう みちたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戒能通孝 かいのう-みちたか

1908-1975 昭和時代の法学者,弁護士。
明治41年5月30日生まれ。昭和18年「入会(いりあい)の研究」などをあらわす。戦後,極東国際軍事裁判弁護人として活躍。22年川島武宜とともに日本法社会学会創設。24年早大教授,のち都立大教授。39年岩手県の小繋(こつなぎ)事件では農民を弁護した。44年東京都公害研究所初代所長。昭和50年3月22日死去。66歳。長野県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

戒能通孝【かいのうみちたか】

法社会学者。長野県生れ。1930年東京大学法学部卒。末弘厳太郎らに学ぶ。第2次世界大戦後,極東国際軍事裁判の弁護人となる。民主主義科学者協会法律部会・日本法社会学会の創立・発展に関与,また早大・愛知大・都立大の教授を歴任,《法律時報》の責任編集もつとめ,司法制度の近代化・民主化に貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいのうみちたか【戒能通孝】

1908‐75(明治41‐昭和50)
法社会学者。入会,裁判,公害研究の権威。長野県生れ。1930年東大法学部卒。師は穂積重遠,末弘厳太郎。在学中セツルメント法律相談部,39年中国農村慣行調査に参加。戦後極東国際軍事裁判の弁護,民科法律部会・日本法社会学会の設立・発展に貢献。早大,愛知大,都立大の教授を歴任。64年小繫(こつなぎ)事件弁護のため都立大辞任。69年東京都公害研究所初代所長。《戒能通孝著作集》全8巻(1977)がある。【利谷 信義】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいのうみちたか【戒能通孝】

1908~1975) 法学者。長野県生まれ。東大卒。早大・都立大教授などを歴任。入会いりあい権闘争として知られる小繫こつなぎ事件で農民側弁護士として活躍。著「入会の研究」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戒能通孝
かいのうみちたか
(1908―1975)

法学者、弁護士。明治41年5月30日長野県飯田(いいだ)に生まれる。1930年(昭和5)東京帝国大学法学部を卒業後、同大学助手となり、民法、法社会学を専攻、サビニー、イェーリング、ギールケらの古典を研究するかたわら、農村調査などを通じて、法を民衆のために役だてるという基本精神を培い、後の裁判闘争や公害の法学的研究にみられる実践的で幅広い学風が形成された。第二次世界大戦前の業績は、『入会(いりあい)の研究』(1943)に集約され、戦後は極東国際軍事裁判の弁護士として活躍した。その経験に基づき『裁判』(1951)、『法廷技術』(1952)などを著し、戦後の日本の裁判制度の民主化に貢献した。それは松川裁判批判その他多くの論文・著作を通じて生涯続けられた。
 1949年(昭和24)早稲田(わせだ)大学教授、54年東京都立大学教授、法制審議会委員などを歴任し、その間『法社会学の課題』(1951)、『法律講話』(1952)などを著し、法学教育にも尽くした。小繋(こつなぎ)事件では、農民の側にたって弁護に努め、その記録を『小繋事件』(1964)として世に問うた。68年に東京都公害研究所初代所長に就任し、公害の研究・行政面で貢献した。昭和50年3月22日没。[佐藤篤士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戒能通孝の言及

【法社会学】より

…末弘の影響は,平野義太郎マルクス主義法学の研究と,それによる日本資本主義の機構と法律の批判を生み出した。この両者の影響の下に,戒能通孝川島武宜が近代市民社会の研究を基礎として,日本社会の特殊性・前近代性を指摘した。ここには,エールリヒのほかに,ウェーバーやK.マルクスの影響もみられる。…

※「戒能通孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戒能通孝の関連キーワードプライバシーの権利平和問題懇談会戒能 通孝昭和時代小繋事件

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android