コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争と平和の法 せんそうとへいわのほう De jure belli ac pacis

2件 の用語解説(戦争と平和の法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんそうとへいわのほう【戦争と平和の法 De jure belli ac pacis】

〈国際法の父〉と呼ばれるグロティウスが,1625年亡命先のパリで出版した国際法に関する彼の主著。正戦論の立場に立って,戦争の禁止・制限・許容について,また,戦争中に守られるべき規則について詳細に論じた。これに関連して,彼は,国際法全般の問題をとり上げ,国際法を体系づけようとした。本書は今日までの国際法の発展に大きな影響を与えた国際法学上もっとも重要な書物である。ラテン語で書かれており,その後多数の版を重ね,英語,フランス語ドイツ語はもとより,中国語,日本語にも翻訳され,広く読まれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦争と平和の法
せんそうとへいわのほう
De jure belli ac pacisラテン語

グロティウス(1583―1645)の代表的著作。国際法に関する初めての体系的著作で、1625年にラテン語で出版された。全3巻で、第1巻では、戦争には正当な戦争と不正な戦争があることを主張し、第2巻では、戦争の正当原因を明らかにするためさまざまな私権を論じ、第3巻では、正当な戦争方法や戦争終結の方法などを論じている。本書の発行により、グロティウスは「国際法の父」とよばれるようになったが、グロティウスの意図は、当時行われていた宗教戦争の悲惨さを緩和するために、人間の理性に基づいた普遍人類法の存在を証明することにあり、主権国家を構成単位とする近代国際法に比べると、なお中世的性格を残している。[松田竹男]
『一又正雄訳『戦争と平和の法』全三巻(1950~51・巌松堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戦争と平和の法の言及

【グロティウス】より

…この幽閉中に《キリスト教の真理》(1627)と《オランダ法学入門》(1631)が書かれた。21年書物運搬用の箱に身をひそめて劇的な脱走に成功し,フランスに亡命してフランス王の保護を受け約10年間フランスに滞在し,その間主著《戦争と平和の法De jure belli ac pacis》(1625)を完成している。31年から数年間オランダ,ドイツを流浪しているが,35年スウェーデン女王により駐仏大使に任用され,ふたたびパリに帰っている。…

【グロティウス】より

…この幽閉中に《キリスト教の真理》(1627)と《オランダ法学入門》(1631)が書かれた。21年書物運搬用の箱に身をひそめて劇的な脱走に成功し,フランスに亡命してフランス王の保護を受け約10年間フランスに滞在し,その間主著《戦争と平和の法De jure belli ac pacis》(1625)を完成している。31年から数年間オランダ,ドイツを流浪しているが,35年スウェーデン女王により駐仏大使に任用され,ふたたびパリに帰っている。…

【ゲンティリス】より

…主著《戦争法論De jure belli》(1598)は,それまで神学の課題として説かれてきた正当戦争論を純粋に法学の課題として取り上げ,文献や歴史的事実に基づき,帰納的に論証した点が大きな特徴とされる。〈国際法の父〉といわれるオランダのグロティウスの主著《戦争と平和の法》は,本書の焼直しにすぎず,したがってゲンティリスこそ真の〈国際法の父〉であると主張する者が,イタリアにはとくに多い。《外交使節論》《スペイン弁護論》も有名。…

【国際法】より


[近代国際法の形成]
 こうした先行する国家慣行や先駆的学者の活躍を土台にして,17世紀前半に,近代国際法は,その基礎を確立した。すなわち,理論上では,オランダのグロティウスが《自由海論》(1609)や《戦争と平和の法》(1625)などの著作を通じて国際法理論を体系化した。こうした業績により,グロティウスは〈国際法の父〉と呼ばれるようになった。…

※「戦争と平和の法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戦争と平和の法の関連キーワードグロテスク戦時国際法イグナティウスデロヨラグロティウスサルスティウスホラティウスマヌティウスルクレティウスILC伊藤不二男

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone