コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時禁制品 せんじきんせいひん contraband of war

6件 の用語解説(戦時禁制品の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦時禁制品
せんじきんせいひん
contraband of war

戦時に中立国国民によって交戦国へ供給,輸送されるもののうち,戦争の用に供されるものとして他方の交戦国がその供給を妨げることのできる財貨。戦時においても中立国と交戦国の通商は原則として自由であり,中立国は自国民にこれを禁止することを要しないが,戦時禁制品に関しては輸送途上で捕獲没収されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんじ‐きんせいひん【戦時禁制品】

戦時中に、中立国国民の交戦国に対する供給を、他方の交戦国が防止できる物品。武器・弾薬などの絶対的禁制品と、食糧・燃料などの相対的または条件付き禁制品とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

戦時禁制品【せんじきんせいひん】

戦時においても中立国が交戦国に物品の輸送・供給を行うことは原則として禁止されていないが,他方の交戦国は軍用に供する物品を戦時禁制品として公海および交戦国領海上で捕獲できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんじきんせいひん【戦時禁制品】

戦時における中立国からの供給品で,それが敵国に向けられかつ戦争用に供せられることを理由に,交戦国が海上で捕獲または没収できる物品。中立国国民は交戦国と通商する自由を有するが,戦時禁制品の制度には服さなければならない。この制度は交戦国と中立国の間の主張の妥協を示すもので,1909年ロンドン会議で調印された〈海戦法規に関する宣言〉は,当時の慣行を中心に戦時禁制品についての詳細な規定をおいた。同宣言では,武器弾薬・軍艦等性質上もっぱら戦争用に使用される絶対的禁制品,食糧,貨幣,鉄道材料等性質上戦争用にも平和用にも使用されうるもので,敵国の軍や行政官庁へ仕向けられたことが証明されれば捕獲される条件付禁制品,羊毛,紙,看護用品等性質上戦争に供せられないため禁制品とは認められない自由品の3種類が区別され,列挙された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんじきんせいひん【戦時禁制品】

戦時において、敵国に向けて送られ、敵国の戦争遂行のために使用される物品。交戦国は、交戦区域において、これに該当する中立国の物品を捕獲できる。絶対的禁制品(武器・弾薬など)と相対的禁制品(条件付禁制品)とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦時禁制品
せんじきんせいひん
contraband of war

中立国国民が交戦国に供給するのを、他方の交戦国によって妨げられる物品。戦時において、中立国国民と交戦国間の通商は原則としては自由であるが、戦時禁制品については交戦国軍艦が海上で敵国へのその供給を防止することができる。どのような物品が戦時禁制品となるかは国際慣習法、条約、国内法によって定められる。戦時禁制品は19世紀までしだいに縮小され、それだけ中立通商の自由が実質的に拡大されてきた。1909年、当時の支配的慣行を基礎として妥協の結果、主要海上国10国によって署名されたロンドン宣言は戦時禁制品について詳しい規定を設けたが、武器・弾薬・軍艦などもっぱら戦争に用いられる物品を絶対的禁制品、食糧・貨幣・鉄道材料など和戦両用の物品を相対的禁制品、羊毛・紙などを自由品として列挙している。しかし、第一次、第二次世界大戦では禁制品目が著しく増加し、ほとんどすべての物品に及ぶに至った。[石本泰雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦時禁制品の関連キーワード戦時国際法中立中立国中立地帯武装中立中立義務予備電源永世中立国戦争法規海戦ノ場合ニ於ケル中立国ノ権利義務ニ関スル条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone