コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯る アザル

13件 の用語解説(戯るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あざ・る【戯る】

[動ラ下二]
たわむれる。乱れ騒ぐ。ふざける。
「酔ひあきて、いとあやしく、潮海のほとりにて、―・れあへり」〈土佐
(多く助動詞「たり」を伴って)打ち解ける。くだけた態度である。
「寄りゐ給へるさま、いと―・れたり」〈・蛍〉
しゃれる。風雅である。
「返しはつかうまつりけがさじ。―・れたり」〈・八七〉
[動ラ四]ふざける。たわむれる。
「その折の首尾を少しも隠さず、いちいち―・りて言ふ類なり」〈難波物語

ざ・る【戯る】

[動ラ下二]ざ(戯)れる」の文語形。

じゃ・る【戯る】

[動ラ下二]じゃれる」の文語形。

そぼ・る【戯る】

[動ラ下二]
ふざける。はしゃぐ。
「うち―・れたるは、さる方にをかしく罪ゆるされたり」〈・常夏〉
しゃれる。気取る。
「今の世の上手におはすれど、あまり―・れて癖ぞ添ひためる」〈・梅枝〉

たわぶ・る〔たはぶる〕【戯る】

[動ラ下二]《「たわむれる」の古形》「たわむれる」に同じ。
「しきたへの床の辺去らず立てれども居れどもともに―・れ」〈・九〇四〉

たわむ・る〔たはむる〕【戯る】

[動ラ下二]たわむれる」の文語形。

たわ・る〔たはる〕【戯る】

[動ラ下二]
遊び興じる。遊びたわむれる。
「秋くれば野べに―・るる女郎花(をみなへし)いづれの人か摘までみるべき」〈古今・雑体〉
みだらな行為をする。
「人皆のかく迷(まと)へればうちしなひ寄りてそ妹(いも)は―・れてありける」〈・一七三八〉
くだけた態度をとる。また、ふざける。
「公けざまは、少し―・れてあざれたる方なりし」〈・藤裏葉〉
あることに、われを忘れてふける。物事におぼれる。
「ひたすら―・れたる方にはあらで」〈徒然・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あざる【戯る】

( 動下二 )
ふざける。たわむれる。 「潮海しおうみのほとりにて-・れあへり/土左」
打ち解ける。くだけた態度をとる。 「 - ・れたる大君姿のなまめきたるにて/源氏 花宴
しゃれる。風流である。 「返しはつかうまつりけがさじ。-・れたり/枕草子 87
( 動四 )
ふざける。たわむれる。 「中よりつがひの鳩とび出、桜につたひ-・りける/浄瑠璃・文武五人男」

あじゃる【戯る】

( 動四 )
〔「あざる」の転〕
あざる 」に同じ。 「秦を曲り-・つて云ふなり/三体詩絶句抄 6

ざる【戯る】

( 動下二 )
ざれる

そぼる【戯る】

( 動下二 )
たわむれる。ふざける。 「年のうちの祝ひごとどもして-・れあへるに/源氏 初音
しゃれる。 「書きざま今めかしう-・れたり/源氏 胡蝶

たわぶる【戯る】

( 動下二 )

たわむる【戯る】

( 動下二 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戯るの関連キーワード遊び心興じる戯れ戯れる戯れ遊び遊興夜遊び悪遊び遊び戯れる姫遊び

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戯るの関連情報