コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯る アザル

デジタル大辞泉の解説

あざ・る【戯る】

[動ラ下二]
たわむれる。乱れ騒ぐ。ふざける。
「酔ひあきて、いとあやしく、潮海のほとりにて、―・れあへり」〈土佐
(多く助動詞「たり」を伴って)打ち解ける。くだけた態度である。
「寄りゐ給へるさま、いと―・れたり」〈・蛍〉
しゃれる。風雅である。
「返しはつかうまつりけがさじ。―・れたり」〈・八七〉
[動ラ四]ふざける。たわむれる。
「その折の首尾を少しも隠さず、いちいち―・りて言ふ類なり」〈難波物語〉

ざ・る【戯る】

[動ラ下二]ざ(戯)れる」の文語形

じゃ・る【戯る】

[動ラ下二]じゃれる」の文語形。

そぼ・る【戯る】

[動ラ下二]
ふざける。はしゃぐ。
「うち―・れたるは、さる方にをかしく罪ゆるされたり」〈常夏
しゃれる。気取る。
「今の世の上手におはすれど、あまり―・れて癖ぞ添ひためる」〈梅枝

たわぶ・る〔たはぶる〕【戯る】

[動ラ下二]《「たわむれる」の古形》「たわむれる」に同じ。
「しきたへの床の辺去らず立てれども居れどもともに―・れ」〈・九〇四〉

たわむ・る〔たはむる〕【戯る】

[動ラ下二]たわむれる」の文語形。

たわ・る〔たはる〕【戯る】

[動ラ下二]
遊び興じる。遊びたわむれる。
「秋くれば野べに―・るる女郎花(をみなへし)いづれの人か摘までみるべき」〈古今・雑体〉
みだらな行為をする。
「人皆のかく迷(まと)へればうちしなひ寄りてそ妹(いも)は―・れてありける」〈・一七三八〉
くだけた態度をとる。また、ふざける。
「公けざまは、少し―・れてあざれたる方なりし」〈・藤裏葉〉
あることに、われを忘れてふける。物事におぼれる。
「ひたすら―・れたる方にはあらで」〈徒然・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あざる【戯る】

( 動下二 )
ふざける。たわむれる。 「潮海しおうみのほとりにて-・れあへり/土左」
打ち解ける。くだけた態度をとる。 「 - ・れたる大君姿のなまめきたるにて/源氏 花宴
しゃれる。風流である。 「返しはつかうまつりけがさじ。-・れたり/枕草子 87
( 動四 )
ふざける。たわむれる。 「中よりつがひの鳩とび出、桜につたひ-・りける/浄瑠璃・文武五人男」

あじゃる【戯る】

( 動四 )
〔「あざる」の転〕
あざる 」に同じ。 「秦を曲り-・つて云ふなり/三体詩絶句抄 6

ざる【戯る】

( 動下二 )
ざれる

そぼる【戯る】

( 動下二 )
たわむれる。ふざける。 「年のうちの祝ひごとどもして-・れあへるに/源氏 初音
しゃれる。 「書きざま今めかしう-・れたり/源氏 胡蝶

たわぶる【戯る】

( 動下二 )

たわむる【戯る】

( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戯るの関連キーワードジョー ランズデール歌舞伎(演劇)ふざける巫山戯る女郎花古形あら源氏遊楽翩翩ざる潮海

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android