コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸谷成雄 とやしげお

3件 の用語解説(戸谷成雄の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

戸谷成雄【とやしげお】

美術家。長野県生れ。愛知県立芸大卒。1983年バングラデシュビエンナーレ,1988年ベネチア・ビエンナーレに出品。1988年第1回朝倉文夫賞。1995年広島市現代美術館で個展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸谷成雄 とや-しげお

1947- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和22年12月24日生まれ。昭和48年国画会展で国画賞を受賞。58年アジア-ビエンナーレ,63年ベネチア-ビエンナーレなどに出品。同年「連山」で朝倉文夫賞,平成2年長野市野外彫刻賞,16年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。チェーンソーを使ったダイナミックな木彫で国際的に活躍。長野県出身。愛知県立芸大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸谷成雄
とやしげお
(1947― )

彫刻家。長野県生まれ。1975年(昭和50)愛知県立芸術大学大学院彫刻専攻修了。大学在学中は国画会を主な発表の場として具象的な作品をつくっていたが、ほどなく木の板、木のブロックに最終的なかたちを想定せず、丸刀で彫り続ける作品を始める。さらに、コンクリートや石、生ゴムなど異質な素材を併用し、1974年の初個展(ときわ画廊、東京・日本橋)で『POMPEI ・79』を発表した。同作は、イタリア、ポンペイの灰に埋もれた事物や、その物質性とフォルム、またモニュメント性に「彫刻的なるもの」の記憶を探った作品で、その後の仕事の原型となった。
 戸谷には、イメージを設定し、それに向かって素材を対象化していく従来の「彫刻」の伝統を批判的に見直そうという意識が活動初期からあった。彫刻技法には、対象を彫り削るカービングと、粘土で塑型するモデリングがある。戸谷は、両者を一つにした「直(じか)付け」彫刻に興味を抱き、石膏を中間素材として、カービングとモデリングを交互に行えると考えた。そして、石膏材に木や鉄棒、鉄の平角材を合体させ、削り取られた剥(む)き出しの木肌や鉄材の錆などを露出させるために形態や量塊をかたどり、彫り出すのではなく、素材が変化していく時間とそれを取りまく空間との関係を示す作品の制作に向かった。
 以後、石膏と木材(角材、垂木、貫板、枝)との組み合わせはニュアンスを変えつつ、継続する。80年ごろには、基底部を石膏で直付けし角材を組み上げる「《構成》から」シリーズ、また石膏と角鉄筋を合わせて単体とする「《彫る》から」シリーズを開始して、独自の表現を行った。さらに、80年代なかばからつくられた「森」「気配」「湿地帯」シリーズで、木材の表面をのみやグラインダーで細かに切り刻む方法を確立した。これらのタイトルは、いずれも自然が成長と変化・変質を繰り返しながらも、神秘的な「深さ」を保つ「現象」を指す。戸谷は、そういった自然と人間に介在する記憶を、彫刻行為という実践によって紡ぎだした。国際展への参加は、ベネチア・ビエンナーレ(1988)、ミッデルハイム・ビエンナーレ(1989、アントウェルペン)、個展には「戸谷成雄――視線の森」展(1995、広島市現代美術館)、「戸谷成雄――さまよう森」展(2001、国際芸術センター青森)などがある。[高島直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸谷成雄の関連キーワード江口週川崎普照柴田鋼造瀬戸剛空充秋戸津侃能島征二橋本堅太郎吉田鎮雄吉野毅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸谷成雄の関連情報