戸隠高原(読み)とがくしこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸隠高原
とがくしこうげん

長野県北部,戸隠山の南東方に広がり,長野市信濃町にまたがる高原標高 1000~1200m。戸隠神社中社,宝光社のある地として知られ,宿坊の集まる宗教集落が形成された。第2次世界大戦後,観光開発が進み,スキー場森林植物園,牧場,キャンプ場などがある。盛夏にはソバの花が一面に広がり,戸隠そばが名物となっている。近世以来の伝統をもつ竹細工も有名。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸隠高原
とがくしこうげん

長野県北部、戸隠山麓(さんろく)の高原。戸隠連峰や南東の飯縄(いいづな)山などに囲まれた標高約1100メートルの高原で、周囲の土壌が流出し、高原の中心部は湿地帯になっていて、湿地の東部からは鳥居川が流出している。ミズバショウ、トガクシショウマなど多くの植物がみられ、森林植物園もある。また100種以上の野鳥が生息する。古くから山岳信仰の対象であった戸隠山、奥社・中社・宝光社からなる戸隠神社と宿坊の多い集落も戸隠高原の特色となっている。妙高戸隠連山国立公園の一部。長野市から戸隠バードラインで約40分の距離にあり、浅川ループラインも1998年(平成10)の長野冬季オリンピックに合わせて1996年には開通し、アクセスの利便は向上した。また鳥居川沿いに野尻(のじり)湖方面へ通じる周遊道路がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戸隠高原の言及

【飯縄山】より

…飯縄山は鎌倉時代以降修験道の霊地としても名高い。火山のすそ野は広大で,南東部に飯縄高原,北西の戸隠山との間に浸食の進んだ戸隠高原が標高1000m内外に発達する。戸隠高原には,古くから修験道道場として開けた宗教集落戸隠中社,宝光社があって,戸隠神社の門前町をなしている。…

【戸隠[村]】より

…人口5218(1995)。東を飯縄(いいづな)山黒姫山,北を戸隠山に囲まれた戸隠高原にあり,北部は冬季の積雪が2mをこえる豪雪地帯である。中社,宝光社は古くから修験道場として知られた戸隠神社の門前町として栄えた。…

※「戸隠高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android