コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房川渡 ぼうせんのわたし

2件 の用語解説(房川渡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

房川渡【ぼうせんのわたし】

日光道中の栗橋(くりはし)宿(現埼玉県久喜市)と中田(なかだ)宿(現茨城県古河市)とを結ぶ利根川の渡しで,この間の利根川を房川と称した。常水では川幅約40間,川丈9尺ほどで,川丈が1丈2,3尺になると船止めとなった。
→関連項目日光社参

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせんのわたし【房川渡】

日光道中,栗橋(現,埼玉県栗橋町)と中田(現,古河市)の間の利根川を房川といい,この渡しを房川渡と称した。川幅214間(約387m)。栗橋には御用船(武士や御用物は無賃,一般旅人は7文。以下船賃は1842年(天保13)の規定による)が2艘,茶船(1人16文,荷物1駄31文)が5艘(中田にも5艘),馬船(1疋13文)が2艘備えられ,往来の人馬を輸送した。川水の深さは常水で9尺(約2.7m)で,1丈2,3尺になると船止めとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

房川渡の関連キーワードいろは坂五街道埼玉県日光街道埼玉県立大学上尾入間桶川久喜道中

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone