コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房川渡 ぼうせんのわたし

百科事典マイペディアの解説

房川渡【ぼうせんのわたし】

日光道中の栗橋(くりはし)宿(現埼玉県久喜市)と中田(なかだ)宿(現茨城県古河市)とを結ぶ利根川の渡しで,この間の利根川を房川と称した。常水では川幅約40間,川丈9尺ほどで,川丈が1丈2,3尺になると船止めとなった。
→関連項目日光社参

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせんのわたし【房川渡】

日光道中,栗橋(現,埼玉県栗橋町)と中田(現,古河市)の間の利根川を房川といい,この渡しを房川渡と称した。川幅214間(約387m)。栗橋には御用船(武士や御用物は無賃,一般旅人は7文。以下船賃は1842年(天保13)の規定による)が2艘,茶船(1人16文,荷物1駄31文)が5艘(中田にも5艘),馬船(1疋13文)が2艘備えられ,往来人馬を輸送した。川水の深さは常水で9尺(約2.7m)で,1丈2,3尺になると船止めとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

房川渡の関連キーワード栗橋関

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android