故由(読み)ゆえよし

精選版 日本国語大辞典「故由」の解説

ゆえ‐よし ゆゑ‥【故由】

〘名〙
① わけ。いわれ。事のおこり。因縁。
※万葉(8C後)九・一八〇九「をとめ墓 中に造り置き をとこ墓 このもかのもに 造り置ける (ゆゑよし)聞きて」
② かなりの家柄をしのばせるような情緒的教養。身についた相当な程度の風趣。
源氏(1001‐14頃)帚木「あまりゆへよし心ばせうち添へたらむをばよろこびに思ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「故由」の解説

ゆえ‐よし〔ゆゑ‐〕【故由】

いわれ。理由来歴
壮士墓をとこはかこのもかのもに造り置ける—聞きて」〈・一八〇九〉
奥ゆかしい風情。情趣。
「人の心移るばかりの—をも」〈・横笛〉
[類語]理由事由所由しょゆう根拠わけゆえ意味原因よしいわ所以ゆえん事訳ことわけわけ合い訳柄わけがら事情諸事情子細

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android