コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁鵲 へんじゃくBian-que; Pien-Ch`üeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扁鵲
へんじゃく
Bian-que; Pien-Ch`üeh

中国,戦国時代の名医。姓は秦,名は越人。渤海郡鄭の人。長桑君の弟子で,その医書と秘伝の口伝を受けたという。春秋時代の 虢 (かく) の太子の急病を救って名を得たという。その伝説は前8~7世紀から前4世紀にわたっており,定かでない。耆婆 (きば。古代インドの名医) と並んで,名医の代名詞とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へんじゃく【扁鵲】

中国、戦国時代の伝説的名医。渤海郡(河北省)の人。姓は秦、名は越人。長桑君に学んで禁方の術を受け、虢(かく)の太子の急病を救ったという。耆婆(ぎば)と並び称される。転じて、名医をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

扁鵲【へんじゃく】

中国,周時代の伝説的名医。《史記》によれば,姓は秦,名は越人。長桑君という老人に医術を学び,諸国を遊歴,【かく】の国の太子を死からよみがえらせた。耆婆(きば)と並称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんじゃく【扁鵲 Biǎn què】

中国,《史記》に伝記のある周時代の名医。生没年不詳。姓は秦,名は越人で,渤海郡(いまの河北省)の人であるが,弟子とともに諸国を診療してまわり,扁鵲という名は趙の国に行った時に名のったという。彼は広範囲の病気を鍼(はり)や薬物などで治療しているが,脈摶による診断をもっとも得意としたという。《史記》には趙簡子が人事不省に陥った時に蘇生をいいあてた話,虢(かく)の太子が尸厥(しけつ)という病気にかかり死んだと思われていた時に,鍼石と熨法などを用いて治癒させた話,斉の桓公の顔色を見ただけで病気の所在を知った話などが記載されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へんじゃく【扁鵲】

中国、戦国時代の伝説的な名医。姓は秦、名は越人。虢かくの太子を蘇らせた話などで有名だが、その事績は数世紀にわたっており、数種の伝説が集約されたものと思われる。名医の代名詞とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扁鵲
へんじゃく

生没年不詳。中国、戦国時代(前403~前221)の名医で、中国医学の祖師とされる。渤海(ぼっかい)郡(河北(かほく)省)の人。姓は秦(しん)、名を越人(えつじん)という。趙(ちょう)国にいたころ扁鵲とよばれた。伝記は『史記』中にみえ、それによれば、各地を遍歴し、諸侯や貴族の治療をはじめ、土地の風俗に従って、婦人を尊重する地では帯下(たいげ)医、老人を敬愛する地では耳目痺(じもくひ)医、小児を愛護する地では小児医として治療した。診断に精通し、とくに脈診に優れていた。治療法は鍼(はり)・湯薬(とうやく)・湿布(しっぷ)などを用いた。秦(しん)国の太医令李(りき)が技術的に勝る扁鵲を殺害した。
 著作は、『漢書(かんじょ)』芸文(げいもん)志に『扁鵲内経』9巻・『外経』12巻と記載されているが、亡失して現存しない。[山本徳子]
『藪内清著『科学史からみた中国文明』(1983・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扁鵲の関連情報