凄腕(読み)すごうで

精選版 日本国語大辞典「凄腕」の解説

すご‐うで【凄腕】

〘名〙 ふつうにはできないような事をやってのける手腕。特に、異性を思い通りにあやつる手腕をいう。せいわん。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六上「三千歳を再びに沈め八百両の金を弁償させた汚い凄腕(スゴウデ)に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凄腕」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android