コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ぎ【技】

うでまえ。わざ。「心体」

ぎ【技】[漢字項目]

[音](呉) [訓]わざ
学習漢字]5年
〈ギ〉細工をする手並み。手わざ。「技芸技巧技師技術技能技量演技競技実技神技特技武技妙技余技
〈わざ〉「足技大技小技寝技早技
[名のり]あや

わざ【技】

ある物事を行うための一定の方法や手段。技術。技芸。「を磨く」「を競う」
相撲・柔道などで、相手を負かすために仕掛ける一定の型に基づいた動作。「がきまる」「寝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎ【技】

わざ。腕前。
[句項目]

わざ【技】

〔「わざ(業)」と同源〕
技芸。技術。腕前。 「 -をみがく」 「糸竹の-」
柔道・相撲などで、相手に仕掛けて負かすための一定の型に基づく動作。 「投げ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【アナロジー】より

…ここでアナロジーはメンタルモデルの構築や利用を助けている。さらに,アナロジーは,字義通りに表現しにくい暗黙知や技の伝達,婉曲的なコミュニケーション(例:寓話,心理療法)に用いることもある。また,発達研究においては,子どもの概念獲得を支えるアナロジーの働きが重視されている。…

※「技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

技の関連キーワードフィッシャーマンズ・スープレックス・ホールドリバース・インディアン・デスロックスモール・パッケージ・ホールドネック・ハンギング・ツリーエメラルド・フロウジョンストレート・アーム・バーコンバットレスリングスタンドレスリングフラミンゴ宇宙遊泳アックス・ボンバーシャープシューター月面着陸とんぼ返りアンクル・ロックコブラ・クラッチサイドワインダーコブラ・ツイストリキ・ラリアットヌンチャク飛行機アーム・ドラッグデスバレー・ボム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技の関連情報