コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡散電流 かくさんでんりゅう diffusion current

2件 の用語解説(拡散電流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡散電流
かくさんでんりゅう
diffusion current

空間に粒子の濃度が高い部分と低い部分があると,高濃度側から低濃度側に粒子の移動が起る。この現象を拡散という。粒子が荷電粒子であれば,拡散に伴って電流が流れ,これを拡散電流という。p-n接合に順方向の電圧を加えると電子の濃度が高いn型からp型へ電子が,正孔の濃度が高いp型からn型へ正孔が拡散することにより流れる電流は拡散電流の一例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくさん‐でんりゅう〔クワクサンデンリウ〕【拡散電流】

電子イオン正孔など、電荷をもつ担体拡散によってのみ流れる電流。電界ではなく担体の密度差によって生じる。ドリフト電流とともに半導体の性質を決める要素となる。また電気分解反応の溶液中でも見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡散電流の関連キーワード衝撃波ディオーネ電離度枝葉生え際裏面軸本白身エーベルハルト効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone