一層(読み)イッソウ

デジタル大辞泉 「一層」の意味・読み・例文・類語

いっ‐そう【一層】

[名]
ひとかさね。
数層の建物のいちばん下。
[副]
程度がいちだんと進むさま。ひときわ。ますます。「寒さが一層厳しくなる」「末っ子をより一層かわいがる」
むしろ。かえって。いっそのこと。
「何を見てもつまらなく、―消えてしまいたい」〈横光・火の点いた煙草
[類語]更にもっとますますいよいよよりも少しもう少しずっと余計なおなおさら一段と弥が上にあと未だ然ももう今一つもう一ついまいち今少しもそっとぐっとぐんとましていわんや余計数段段違い層一層しのぐうんとだいぶ余程遥かひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるひときわいや増すなお且つかてて加えてそれどころそればかりかしかのみならずのみならず加うるにおまけにまた且つまた且つこの上その上しかもさてはさなきだに

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「一層」の意味・読み・例文・類語

いっ‐そう【一層】

  1. [ 1 ] 〘 名詞 〙 重なり合ったものの一重ね。一段。ひとかさね。〔書言字考節用集(1717)〕〔王之渙‐登鸛雀楼詩〕
  2. [ 2 ] 〘 形容動詞ナリ活用 〙 程度がさらに一段進むさま。一段。
    1. [初出の実例]「ここに為朝は、一層の疑念をまして、思ひ定めかね給へば」(出典:読本・椿説弓張月(1807‐11)残)
  3. [ 3 ] 〘 副詞 〙
    1. ひとしお。ひときわ。
      1. [初出の実例]「人智いま一層(イッソウ)進むに至れば」(出典小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上)
    2. いっそう(一━)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android