コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一層 イッソウ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐そう【一層】

[名]
ひとかさね。
数層の建物のいちばん下。
[副]
程度がいちだんと進むさま。ひときわ。ますます。「寒さが一層厳しくなる」「末っ子をより一層かわいがる」
むしろ。かえって。いっそのこと。
「何を見てもつまらなく、―消えて了(しま)いたい」〈横光・火の点いた煙草〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっそ【一層】

( 副 )
〔「いっそう」の転〕
それまでの状況を打開するために、ある方法をとることを決断する気持ちを表す。思い切って。いっそのこと。 「 -ひと思いに死んでしまいたい」
ほんとうに。まったく。 「大屋さんのおかみさんへ-追従ばかりいつて/滑稽本・膝栗毛 発端
[句項目] 一層の腐れ 一層の事

いっそう【一層】

[1] ( 名 )
層になっているもの、一つ。
[0] ( 副 )
以前より程度がはなはだしくなるさま。さらに。ますます。 「雨が-激しくなる」 「 -の努力が必要だ」
思い切って。いっそ。 「自分も-相撲に成らうと/真景累ヶ淵 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一層の関連キーワードBIS自己資本比率規制港湾労働法遵守強化旬間船員労働安全衛生月間引き立て役・引立て役カレーうどんの日中ロ合同軍事演習上には上がある輪に輪を掛ける貧困の悪循環時間軸政策輪を掛ける覆輪掛ける浄化槽の日焼け野の鴉真景累ヶ淵焼き菓子油を注ぐ近代思想単分子膜鬼に金棒

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一層の関連情報