按司(あんじ)(読み)あんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「按司(あんじ)」の解説

按司(あんじ)
あんじ

沖縄の歴史のうえで一般には位階の一つをさすが、時代により性格の相違がある。「あじ」とも読む。12世紀から15世紀ころまでの按司は地方首長に対する呼称で、「チャラ」、「ティダ」(太陽の意味)、「世(よ)の主(ぬし)」ともよばれた。16世紀に入ってからは位階編成上の最上位としてもっぱら国王の一族をもって任じられ、間切(まぎり)を領する最高の身分となった。この性格は近世に入ってますます強化され、王家の系統の者に限定されることになり、総地頭(そうじとう)(親方(うぇーかた)クラス)と並ぶ按司地頭として地域支配の結節点をなす存在であった。総地頭と一括して両総地頭とよばれることもある。浮織(うきおり)の冠を頭にかぶる身分で、最高の政治的ポストである摂政(せっせい)(方音シッシイ)もこの身分から任命された。「あんじ」「あじ」の語源は明らかではなく、首長を意味する「あるじ」(主)説と長老を意味する「あさ」説があり、いまのところ未定である。領有する間切名を冠して「○○按司」と称するのが通例であった。

[高良倉吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android