コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振鷺亭(初代) しんろてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

振鷺亭(初代) しんろてい

?-1819? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸の人。鳥居清長(きよなが)に絵をまなび,のち山東京伝の影響をうけた洒落(しゃれ)本「自惚鏡(うぬぼれかがみ)」を初作として,読み本,滑稽(こっけい)本,合巻(ごうかん)を発表。狂歌も手がけた。文政2年?死去。姓は猪狩(いかり)。名は貞居。通称は与兵衛別号に魚米庵,関東米など。作品に読み本「いろは酔故伝」,洒落本「翁曾我」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

振鷺亭(初代)の関連キーワード橋本宗吉おらが春アンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android