探索理論(読み)たんさくりろん

百科事典マイペディア「探索理論」の解説

探索理論【たんさくりろん】

オペレーションズリサーチ手法の一つの型。鉱脈さがし,魚群の探知,あるいは特定目的のための研究開発などのように,ある目標があり,それを探索しようとする場合,努力の最適配分をどのようにすれば最大効果が発揮できるかを追求する理論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「探索理論」の解説

たんさくりろん【探索理論 search theory】

問題を決するために用いる手段がいくつもある場合,そのいずれかを選択しながら解を得ていくための手順や方法に関する理論をいう。とくに人工知能で扱う問題は,その解法が決まらないことが多いので,探索によって答えを求めなければならない。 探索の典型的なは,図に示す迷路の問題である。出発点Sから目標点Gまでの道を見つけるためには,分岐点でどちらへ行くかを選択しなければならない。図の分岐点と端点に名前がつけられているが,これを節点と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android