コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘花 てきかflower thinning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摘花
てきか
flower thinning

すぐれた果実や花を得るために,植物体の開花に対して間引きを行う剪定 (せんてい) の一種。つぼみのときに行うのを摘蕾という。目的は,果樹の場合は摘果と同じであるが,果肉細胞数の増大のためには果よりは効果が大きい。一般に手先を使って行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てき‐か〔‐クワ〕【摘花】

[名](スル)着果を促し果実の発育を助けるために、つぼみや花のうちに間引くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきか【摘花】

( 名 ) スル
よい果実を得るために、適当な数の花を残して他をつみ取ること。

てっか【摘花】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の摘花の言及

【摘果】より

…また果実数が多いと,葉で同化された炭水化物の多くが果実の肥大に消費されるので,花芽の形成が不良となり翌年の結実数が少なく,隔年結果が起こりやすくなる。果実の肥大に対する摘果の効果は早く行うほど顕著なので,リンゴ,ナシ,カキなど大きな果実が好まれる種類では,花やつぼみのうちに間引くことがある(摘花,摘蕾(てきらい))。摘果の方法には手による摘果と薬剤による摘果とがある。…

※「摘花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摘花の関連キーワード打ち解け優り誹風末摘花筆の尻取る打ち解け業子めかし掛かり端思ひ放つ三つの友捨て書く聞き集む思ひ睦ぶ掻上の笥語らひ人見果てる結果調節吹き荒ぶ伸びらか嘰り歌由めく下勝ち

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android