コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘花 てきかflower thinning

4件 の用語解説(摘花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摘花
てきか
flower thinning

すぐれた果実や花を得るために,植物体の開花に対して間引きを行う剪定 (せんてい) の一種。つぼみのときに行うのを摘蕾という。目的は,果樹の場合は摘果と同じであるが,果肉細胞数の増大のためには摘果よりは効果が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てきか【摘花】

( 名 ) スル
よい果実を得るために、適当な数の花を残して他をつみ取ること。

てっか【摘花】

( 名 ) スル

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の摘花の言及

【摘果】より

…また果実数が多いと,葉で同化された炭水化物の多くが果実の肥大に消費されるので,花芽の形成が不良となり翌年の結実数が少なく,隔年結果が起こりやすくなる。果実の肥大に対する摘果の効果は早く行うほど顕著なので,リンゴ,ナシ,カキなど大きな果実が好まれる種類では,花やつぼみのうちに間引くことがある(摘花,摘蕾(てきらい))。摘果の方法には手による摘果と薬剤による摘果とがある。…

※「摘花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摘花の関連情報