家島諸島(読み)いえしましょとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「家島諸島」の解説

家島諸島
いえしましょとう

瀬戸内海東部,播磨灘にある大小四十余の島群。本州と四国との間が陥没して播磨灘ができたとき海没を免れてできたもので,小豆島北東に位置する。古くは「えじま」と呼ばれた瀬戸内海航路の要衝中世海賊の根拠地。諸島中最大の島は西島で,最高点 276m。流紋岩からなる。人口の約6割を占める家島本島は最高点 140mで秩父古生層の粘板岩男鹿島 (たんがじま) は最高点 220mで花崗岩坊勢島は最高点 102mで流紋岩からなる。他は無人島を含む小さな島で,全島兵庫県姫路市に属する。かつては石材切り出しで知られたが,現在は養殖と観光漁業が産業の中心。一帯瀬戸内海国立公園に属する。面積 20.27km2。人口 8978 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「家島諸島」の解説

家島諸島【いえしましょとう】

兵庫県南部の播磨(はりま)灘にある諸島。〈えじま〉ともいう。大小40余の島からなり,姫路市に属する。家島,男鹿(たんか)島,坊勢(ぼうぜ)島,西島が主要島で,花コウ岩の基盤を石英粗面岩がおおい,岩石海岸が発達。かつては水軍根拠地,内海航路の要衝であった。
→関連項目家島[町]播磨灘姫路[市]

家島諸島【えじましょとう】

家島(いえしま)諸島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「家島諸島」の解説

いえしま‐しょとう〔いへしまシヨタウ〕【家島諸島】

瀬戸内海の播磨灘はりまなだにある諸島。家島・男鹿たんが島・坊勢ぼうぜ島・西島などからなる。石材を産する。兵庫県姫路市に属する。えじましょとう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「家島諸島」の解説

いえしま‐しょとう いへしまショタウ【家島諸島】

〘名〙 播磨灘の北部にある諸島。古くからの瀬戸内海航路の要地。瀬戸内海国立公園の一部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「家島諸島」の解説

いえしましょとう【家島諸島】

兵庫県姫路市の沖合約15kmの播磨灘に散在する大小40余の島の総称。もとは〈えじま〉と呼んだ。このうち人の住むのは家島本島,坊勢(ぼうぜ)島,男鹿(たんが)島,西島の4島で,行政的には飾磨(しかま)郡家島町に含まれ,家島本島に町役場が置かれている。面積19.7km2,人口9024(1995)。地質的には古生層(家島本島),流紋岩類(坊勢島,西島),花コウ岩(太(ふとん)島,男鹿島)などの基盤からなり,流紋岩は土木建築用材として,花コウ岩は港湾の護岸用材として大量に採掘されている(年間の採掘量は1996年に港湾護岸用と土木建築用の花コウ岩,流紋岩の合計で約1014.5万m3)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報