コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撮棒 さいぼう

大辞林 第三版の解説

さいぼう【撮棒】

武器として用いたカシなど堅い材質の木棒。 「長刀、乳切木、-、手々に取り持ちて、ただいま事に会うたる気色なり/義経記 2」 → 鉄撮棒かなさいぼう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいぼう【撮棒】

邪気・穢気をはらう呪力を持つとされた長い木の棒。鉄製で突起などをつけたものを鉄撮棒(かなさいぼう)という。先を丸くくびれさせた形状からみて,陽物をかたどったものと推定される。従僧・法師が警固のために担う棒,祇園会のさい犬神人(いぬじにん)が持つ棒,刑吏としての放免が担ぐ鉾,非人の長吏の突く棒など,みな撮棒あるいはその変形である。《峯相記》や《太平記》は撮棒・鉄撮棒を駆使する悪党悪僧を描いているが,これは飛礫(つぶて)と同様,撮棒の持つ破邪の力が武器として用いられたもので,中世後期,その呪力が衰えるとともに,棒を使う兵法,棒術がそこから生まれてくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

撮棒の関連キーワード此れに懲りよ道才坊此れに懲りよ道才棒金棒・鉄棒ずっし薙鎌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android