コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峯相記 みねあいき

百科事典マイペディアの解説

峯相記【みねあいき】

鎌倉・南北朝時代の播磨国の地誌。〈ほうそうき〉〈ぶしょうき〉とも読む。作者は不明だが,1348年に播磨国の峯相山(ほうそうざん)鶏足(けいそく)寺(現兵庫県姫路市)に参詣した旅の僧が,同寺の僧から聞き書きをしたという形式で記述される。
→関連項目福泊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みねあいき【峯相記】

中世播磨の地誌。1巻。著者不詳。1348年(正平3∥貞和4)ころ成立。〈ほうそうき〉〈ぶしょうき〉とも読む。播磨国峯相山鶏足寺の僧の作とおもわれる。歴史,民間信仰,伝承,説話など多様な内容を含み,鎌倉時代~南北朝時代の社会を知る上での重要な書である。兵庫県斑鳩(いかるが)寺に最古の写本(1511∥永正8)がある。《続群書類従》などに所収。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

峯相記の関連キーワード峯相記(みねあいき)峯相記(ぶしょうき)蘆屋道満門前町撮棒悪党

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android