峯相記(読み)みねあいき

百科事典マイペディア「峯相記」の解説

峯相記【みねあいき】

鎌倉・南北朝時代の播磨国の地誌。〈ほうそうき〉〈ぶしょうき〉とも読む。作者は不明だが,1348年に播磨国の峯相山(ほうそうざん)鶏足(けいそく)寺(現兵庫県姫路市)に参詣した旅の僧が,同寺の僧から聞き書きをしたという形式で記述される。鎌倉・南北朝期の社会を知るうえで貴重な史料。なかでも,柿色の帷子(かたびら)を着て,笠を被り,面を覆い,飛礫(つぶて)など独特の武器を使用して奔放な活動をしたと描かれる播磨国の悪党についての記述は有名。兵庫県太子(たいし)町の斑鳩(いかるが)寺に,1511年に写された最古の写本が残る。
→関連項目福泊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「峯相記」の解説

みねあいき【峯相記】

中世播磨の地誌。1巻。著者不詳。1348年(正平3∥貞和4)ころ成立。〈ほうそうき〉〈ぶしょうき〉とも読む。播磨国峯相山鶏足寺の僧の作とおもわれる。歴史,民間信仰,伝承,説話など多様な内容を含み,鎌倉時代~南北朝時代の社会を知る上での重要な書である。兵庫県斑鳩(いかるが)寺に最古の写本(1511∥永正8)がある。《続群書類従》などに所収。【小田 雄三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android