コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川家継 とくがわいえつぐ

8件 の用語解説(徳川家継の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川家継
とくがわいえつぐ

[生]宝永6(1709).7.3. 江戸
[没]享保1(1716).4.30. 江戸
江戸幕府7代将軍 (在職 1713~16) 。家宣の3男。母は勝田氏。幼名は鍋松丸。院号は有章院。正徳3 (13) 年4月2日,3歳余で将軍宣下。家宣の遺言によって側用人間部詮房が補佐し,新井白石を重用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐いえつぐ〔トクがはいへつぐ〕【徳川家継】

[1709~1716]江戸幕府第7代将軍。在職1713~1716。家宣の四男。4歳で家督を相続。間部詮房(まなべあきふさ)新井白石の補佐により、幕府刷新が行われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徳川家継【とくがわいえつぐ】

江戸幕府7代将軍(在位1712年―1716年)。6代家宣(いえのぶ)の子。幼名鍋松丸。諡号(しごう)有章院。幼少のため幕政は側用人間部詮房(まなべあきふさ)が新井白石の助言を得て運営。
→関連項目折たく柴の記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川家継 とくがわ-いえつぐ

1709-1716 江戸幕府7代将軍。在職1713-16。
宝永6年7月3日生まれ。徳川家宣(いえのぶ)の3男。母はお喜世の方(月光院)。正徳(しょうとく)3年5歳で将軍職につく。前代と同様,側用人(そばようにん)の間部詮房(まなべ-あきふさ)と新井白石が補佐し,家宣時代の政策が継続されたが,正徳6年4月30日8歳で病没した。幼名は世良田鍋松。法号は有章院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川家継

没年:享保1.4.30(1716.6.19)
生年:宝永6.7.3(1709.8.8)
江戸幕府第7代将軍。6代将軍家宣とその側室於喜世(のち左京,月光院)の子。幼名は世良田鍋松。兄の家千代,大五郎が早世したため嗣子となり,正徳2(1712)年10月14日父家宣死去ののち,わずか4歳で将軍家を相続した。同月25日従二位権大納言に叙任されて家継と称し,翌3年3月26日に元服。同年4月2日将軍に就任し,正二位内大臣,右近衛大将に叙任されたが,8歳で没した。幼少の将軍でもあったので,幕政の実権は前代からの側用人間部詮房が握っていた。聡明で,仁慈の心があり,振る舞いも閑雅だったという。

(深井雅海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわいえつぐ【徳川家継】

1709‐16(宝永6‐享保1)
江戸幕府7代将軍。6代将軍家宣の第3子。生母は勝田氏お喜世の方,月光院。1713年(正徳3)将軍宣下。治世は〈正徳の治〉の後半にあたり,側用人間部詮房(まなべあきふさ)が新井白石の助言をえて運営の中枢に立った。前代家宣の遺言の権威を頼りに,貨幣改鋳(正徳金銀の発行)や貿易の改正(正徳新令海舶互市新例)など注目すべき施策もあったが,詮房,白石らへの反感がたかまり,また幕臣間の腐敗も進行して,幕政は停滞しがちであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とくがわいえつぐ【徳川家継】

1709~1716) 江戸幕府第七代将軍(1713~1716)。家宣の四男。幼名鍋松丸。間部詮房まなべあきふさ・新井白石の補佐によって、父の政治を継承。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川家継
とくがわいえつぐ
(1709―1716)

江戸幕府第7代将軍。6代将軍家宣(いえのぶ)の三男。母は家宣の側室輝子(てるこ)(月光院)。兄2人の夭死(ようし)により、家宣没後、1713年(正徳3)4歳で将軍職就任。在職わずか4年だったが、間部詮房(まなべあきふさ)、新井白石(あらいはくせき)の補佐により、父家宣の遺業である、金銀貨改良、長崎貿易改革(海舶互市新例(かいはくごししんれい))を完成したほか、評定所(ひょうじょうしょ)の公平な運営により多くの名判決を残した。室鳩巣(むろきゅうそう)の手紙によれば、聡明(そうめい)仁慈でふるまいも静かで上品だったという。1715年に正夫人として皇女八十宮(やそのみや)との婚約がなったが、翌年家継が没したため、降嫁は実現しなかった。法号有章院。[宮崎道生]
『北島正元編『徳川将軍列伝』(1974・秋田書店) ▽内藤耻叟編『徳川十五代史』(1892・博文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川家継の言及

【正徳の治】より

…江戸中期,1709年(宝永6)から15年(正徳5)まで7年にわたる6代将軍徳川家宣,7代家継の治世の通称。家宣は幕府内外からの期待をうけて将軍となり,生類憐みの令の廃止を手始めに前代の弊政の改廃につとめ,側用人間部詮房(まなべあきふさ),侍講新井白石がこれを補佐した。家宣は前将軍綱吉同様儒学を信奉し,新井白石の助言も加わって,その施策の基調に儒学の色調が濃く,また政治は将軍と側近に主導され,閣老の発言力が弱かったことも前代同様である。…

※「徳川家継」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川家継の関連キーワード徳川綱重犬公方御三卿大君奥詰上覧相撲一橋江戸城大奥列伝月光院天英院

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川家継の関連情報