コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育相談 きょういくそうだんeducational counseling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教育相談
きょういくそうだん
educational counseling

児童,生徒の健康,知的能力,性格社会性情緒学業進路,職業選択などさまざまの側面について助言を与えたり援助したりすること。教育相談所や児童相談所などでも行われるが,学校教育においては,単に授業で知識,技術を伝達するだけでなく,児童,生徒の生活や人格的発達を援助することも重要であり,そのために教育相談の必要性が確認されている。ひとりひとりの性格,能力を的確に把握したり,日常の観察や指導とも切り離せないので,担任教師が行うことが多いが,カウンセリングの専門技術を身につけた学校カウンセラーの養成や相談室の設置,校外専門家との連携が学校運営上必要になってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょういく‐そうだん〔ケウイクサウダン〕【教育相談】

児童・生徒が直面する教育上のさまざまな問題障害について、本人や親・教師などに対して行われる専門的立場からの助言・指導。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょういくそうだん【教育相談】

教育にかかわって生じる諸問題について,カウンセラーセラピスト,さらには教師などが相談を通じて助言・指導を行うことをいう。もっとも普通に行われるのは治療指導としての教育相談である。すなわち知能障害,情緒障害,反社会的行動,非社会的行動などを示す子どもについて,その原因を明らかにし,症状に応じて対応する。たとえば登校拒否児の場合,本人の心理的状態と親子関係,学校の学習指導のあり方や友人関係などに目を向け,本人に対して種々の心理療法を適用しつつ親に対するカウンセリングも行い,必要に応じて教師に指導助言をするなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教育相談
きょういくそうだん

児童・生徒ひとりひとりの教育上の問題について、その望ましいあり方を、本人または親などに助言すること。方法としては、一対一の相談活動に限定することなく、すべての教師が生徒に接するあらゆる機会をとらえ、あらゆる教育的活動の実践のなかに生かして、教育的配慮をすることが大切であるとされている(中学校学習指導要領解説)。具体的には、児童・生徒それぞれの発達に即して、好ましい人間関係を育て、生活によく適応させ、自己理解を深めさせ、人格の成長への援助を図るものである。したがって、特定の教員だけが行う性質のものではなく、また相談室だけで行われるものでもない。[小澤美代子]

学校内の教育相談組織と活動

教育相談を学校のなかで行うには、まず組織づくりが大切である。組織には、(1)教育相談部として独立したもの、(2)生徒指導部や進路指導部、保健部などのなかに教育相談係として組み込まれるもの、(3)学年や部などから代表者が出て委員会として構成されるものなどがある。しかし組織ができただけでは動くことができない。全体計画、年間計画、それを受けた実施計画が必要である。その際、自校の実情を踏まえることが大切となる。
 学校における教育相談活動のなかでは、事例に対する具体的な対処だけでなく、すべての教職員の資質向上のための研修も必要である。校内において教育相談担当教員を中心として行う研修には、(1)講演会、(2)事例研究会、(3)演習を取り入れた研修(グループ・エンカウンター、ソーシャル・スキル・トレーニング、ストレス・マネジメント教育等)がある。年度の終わりには、計画に基づき、教師による教育相談活動が適切に行われたかを評価することが必要で、それにより、さらに充実した実践が行われる。[小澤美代子]

教育相談の分野

教育相談の分野は、(1)問題解決的・治療的教育相談、(2)予防的教育相談、(3)発達促進的・開発的教育相談に分けられる。
 (1)は、いじめや不登校、非行など現実生活に適応できない状況を解決し、場合によってはカウンセリングなどの治療的対応を行うものである。この分野はおもにスクールカウンセラーや教育相談機関、医療機関が担うものである。(2)は、大きな不適応には至っていないが、遅刻・欠席や体調不良などがみられる、不安定な状況下の児童・生徒に行われる。担任や養護教諭を中心として、この段階で早期発見・早期対応をすることが望ましい。(3)は、不適応感もなく元気に学校に通っている多くの児童・生徒に対して、社会性、情緒的豊かさ、学習能力や思考力などの獲得のための心の成長を支え、さらに向上させていくものである。担任を中心に授業や特別活動のなかで児童・生徒の理解を進め、学級の良い雰囲気をつくり、心のエネルギーを充足することによって、健全な成長を促すことである。
 教育相談の取り組みには連携が必要である。校内では教師が1人で問題を抱え込まない体制作り、校外では保護者をはじめ地域・関係機関との連携が重要である。児童相談所などの社会福祉機関、病院・保健所などの医療機関、警察・青少年センターなどの司法機関など多くの機関と学校との日ごろからの連携が、教育相談の充実のために欠かすことのできないものである。[小澤美代子]
『文部科学省編『学校における教育相談の考え方・進め方――中学校・高等学校編』(1990・国立印刷局) ▽大野精一著『学校教育相談――理論化の試み』(1997・ほんの森出版) ▽大野精一著『学校教育相談――具体化の試み』(1997・ほんの森出版) ▽日本学校教育相談会刊行図書編集委員会編著『学校教育相談学ハンドブック』(2006・ほんの森出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

教育相談の関連キーワード特別支援教育コーディネーターアウグスト アイヒホルン児童生徒の問題行動調査スクール・カウンセラー広島文教女子大学人権文化センター子どもの心の病気フリー・スクール海外子女の教育適応指導教室聴覚障害教育波多野 勤子相談心理学学校心理学臨床心理学臨床心理士社会的学習ガイダンス教育研究所家庭内暴力

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育相談の関連情報