コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬う ウヤマウ

2件 の用語解説(敬うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うや‐ま・う〔‐まふ〕【敬う】

[動ワ五(ハ四)]相手を尊んで、礼を尽くす。尊敬する。「師と―・う」
[可能]うやまえる
[用法]うやまう・あがめる――「敬う」は、対象を高位のもの、上位のものとして礼を尽くす意で、「神仏を敬う」などのほか、「老人を敬う」「恩師を敬う」のように身近な相手にも向けられる。◇「崇(あが)める」は「神(祖先)を崇める」のように、絶対的な存在を拝むようにする意。◇類似の語に「尊ぶ」がある。「尊ぶ」は対象の価値を認めて大切にする意で、「神(祖先)を尊ぶ」のほか、「各人の自由意志を尊ぶ」「拙速を尊ぶ」のように抽象的なものに関しても広く用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うやまう【敬う】

( 動五[四] )
〔「うや」の動詞化〕
人や神仏を尊いものと考え、それを行動や態度に表す。あがめる。尊敬する。 「長上を-・う」 「釈迦の御足跡みあと石に写し置き-・ひて/仏足石歌」
[可能] うやまえる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敬うの関連情報