コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬う ウヤマウ

デジタル大辞泉の解説

うや‐ま・う〔‐まふ〕【敬う】

[動ワ五(ハ四)]相手を尊んで、礼を尽くす。尊敬する。「師と―・う」
[可能]うやまえる
[用法]うやまう・あがめる――「敬う」は、対象高位のもの、上位のものとしてを尽くす意で、「神仏を敬う」などのほか、「老人を敬う」「恩師を敬う」のように身近な相手にも向けられる。◇「崇(あが)める」は「神(祖先)を崇める」のように、絶対的な存在を拝むようにする意。◇類似の語に「尊ぶ」がある。「尊ぶ」は対象の価値を認めて大切にする意で、「神(祖先)を尊ぶ」のほか、「各人自由意志を尊ぶ」「拙速を尊ぶ」のように抽象的なものに関しても広く用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うやまう【敬う】

( 動五[四] )
〔「うや」の動詞化〕
人や神仏を尊いものと考え、それを行動や態度に表す。あがめる。尊敬する。 「長上を-・う」 「釈迦の御足跡みあと石に写し置き-・ひて/仏足石歌」
[可能] うやまえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敬うの関連キーワード様に様を付ける和田義盛の妻ライマールス差上げる仰ぎ見る申上げる手島堵庵御返し殿付け気ざし崇まふ御両所奉る兄分福田御報敬遠尊敬用法御伽

敬うの関連情報